サイタ趣味の習い事カメラ教室群馬 誰でも撮れるカメラ教室 スクールブログ 「逆光:ダイヤ...

「逆光:ダイヤモンド富士」の撮影テクニック・・・③解説

今回は「逆光:ダイヤモンド富士」を例に撮影テクニックを公開!

・ダイヤモンド富士は、年間毎日一日2回(朝晩)撮影可能です。
【つまり、天候次第ですが、一年間に730回の撮影チャンスが・・・】
・コツを覚えればフィルムでもデジタルでも自由自在に楽しく撮影できます。
・味付けは様々、ダイヤモンド富士といっても何百何千ものパターンが存在しますから撮り飽きることはないでしょう!

では、ほんの一例として2014年撮影の3枚の写真と撮影データを参考にして下さい。

◎オーソドックスなダイヤモンド富士
【シグマレンズ28-80mm:絞り羽=8枚⇒絞り込むと8本光線のラインになる】
2014.4.15 6:31 Canon EOS 5D Mark Ⅱ 絞り値=f18・露出時間=1/640秒・ISO=100・露出補正=なし・焦点距離=80mm・測光モード=中央重点測光・露出プログラム=プログラムオート・ホワイトバランス=白熱電球・ピクチャースタイル=風景(シャープネス7、コントラスト0、色の濃さ+2、色あい+4)
*朝の澄み切った爽やかなイメージを表現するためレンズの絞り羽の枚数は8枚の物を使用(一般的に望遠系のレンズほど絞り羽の枚数は多くなります。)プログラムオート機能(初心者のための機能ではありません・・・絞り優先ばかりだと朝のダイヤモンドはチャンスが少なくなります。:絞り過ぎればシャッター速度は遅くなり三脚が必要で機動性に欠けてしまいます。)が使えます。測光場所も自由にAEロックをしながらでも手撮りで楽しく思うがままに撮影が可能になります。三脚使用・絞り優先の先入観は捨てましょう!また、朝の雰囲気を強調するためホワイトバランス=白熱電球を選択します!

◎光輪が綺麗なダイヤモンド富士
【タムロンレンズ28-300mm:ズームレンズならではの撮影⇒あるところで二重の光輪が発生】
2014.1.2 8:20 Canon EOS 5D Mark Ⅱ 絞り値=f36・露出時間=1/250秒・ISO=100・露出補正=なし・焦点距離=154mm・測光モード=中央重点測光・露出プログラム=絞り優先・ホワイトバランス=自動・ピクチャースタイル=風景(シャープネス7、コントラスト0、色の濃さ+2、色あい-4)
*単レンズでは難しい二重光輪の撮影⇒太陽光のゴーストやフレアーを利用してみる(通常それらを消すための努力はするが、入れる努力をしてみてはどうでしょうか?)[注意:日暈とは違いますから~]ズームの位置によって必ず現れます!もちろんシャッタースピードを確認して手撮りでもOKでしょう!(朝のダイヤモンドは、一瞬で太陽が昇って眩しいですから芸術作品にするためには機動性を高めて撮影してみて下さい。)

◎黄昏時のダイヤモンド富士
【タムロンレンズ28-300mm:300mm付近でも綺麗に赤みの表現が可能】
2014.4.15 17:35 Canon EOS 5D Mark Ⅱ 絞り値=f36・露出時間=1/320秒・ISO=400・露出補正=+0.7・焦点距離=300mm・測光モード=中央重点測光・露出プログラム=絞り優先・ホワイトバランス=日陰・ピクチャースタイル=風景(シャープネス7、コントラスト-4、色の濃さ+4、色あい-4)
*夕方のダイヤモンドは、余裕をもって撮影出来ますね~太陽の位置を確認しながら三脚のセットが可能ですから・・・通常撮影ならばシャッター速度は朝より遅くなります。私はISOで調整しTv値のころあいを考えます。夕焼けですから色合いを-4まで下げて赤みの強調&コントラストも-4で調整します。これはデジタルならではの難点でフィルムならば+側で何も問題になりませんが、デジタルは、モアレ現象や階調を滑らかにしたいので下げます。(特に赤系統は目立ってしまいます。テレビコマーシャルである車会社の現象は、階調が滑らかでなくザラツキ、モアレ現象など目立ちますからね・・・)

さあ~明日にでも撮影に行きたくなると思います。田貫湖の4&8月だけがダイヤモンド富士ではないのですから・・・(もちろんダブルダイヤモンドを撮影したいのならば混雑しますが、チャレンジしてみて下さい。)
また、雲の発生などにより彩雲や笠雲や超望遠で複数のダイヤモンドの撮影も可能となります。
ワクワクして下さい!これらのテクニックはどの山でも風景でも建物に太陽でも応用が可能ですから是非一緒に楽しみましょう!!!

「逆光:ダイヤモンド富士」の撮影テクニック・・・③解説「逆光:ダイヤモンド富士」の撮影テクニック・・・③解説「逆光:ダイヤモンド富士」の撮影テクニック・・・③解説

(2014年7月8日(火) 11:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

新着記事

*** 2015年3月3日(記)・・・今年2015年はイタリアのミラノにて万国博覧会が開催されます・・・ *** 概要 *** 誠に恐縮ではありますが、日本のアーティスト代表として出展依頼があり富士山の作品を拙作ながら出展させていただくことになりました。(笑) *** ***...

*** 2015年1月18日・・・2015年1月4日 せっかくの「月」ですから撮影を・・・ *** フィルム撮影ならば、意外と難しくありません。フィルム感度と絞りを考えるだけで・・・ 敏感なデジタルカメラは非常に難しくなります~何故ならばこの時間になると「月」と「富士山」の露出がまった...

*** 2015年1月17日・・・2015年1月4日 残照・寸光が綺麗で・・・ *** 真っ赤に焼けた富士山の撮影が終了し、眺めていると最後の光が強く輝いていて・・・ これこそが傑作になると・・・ ・Point:思っている以上にアンダーにして撮影です。これはフィルム撮影でも同じこ...

*** 2015年1月16日・・・2015年1月4日 今日の夕方は、焼けました~ *** 一応月齢13.1の「月」も考えながら良い雲の発生を期待して・・・ 静岡側へ移動し待機・・・ 何と昨日とは比べられない程富士山が焼けてきました~ なるべくアンダーで撮影を試みた1枚です! ...

*** 2015年1月15日・・・2015年1月4日 笠雲が大きくなり期待がふくらみます~ *** 早朝の笠雲が発生してから、時間の経過と共に大きく成長する笠雲・・・ 吊るし雲も発生~ますます期待が・・・ 吊るし雲と笠雲の彩雲などと勝手に情景を想像・・・いや妄想?・・・ しかし...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ