全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室群馬 誰でも撮れるカメラ教室 スクールブログ 「逆さ紅富士」...

「逆さ紅富士」の撮影テクニック・・・②解説

プロの技を公開します。
「逆さ紅富士」の撮影ですが、どのように撮影したのか?想像してみて下さい。ある程度一致しますか?
サンプル写真を良く見て頂き考えましょう~

(上級編)・・・2014.4.14.5:27山中湖の長池からです。山中湖の朝方はちょうど富士山が赤く染まる頃は波が意外と立っている事が多いのです。その後一時凪(なぎ)の時がありますが、この日は朝焼けの時に凪(なぎ)になりました。

そこで慌てて撮影しても写るには写るが絵にならない・・・見た目と違う・・・なんてことに・・・
カメラマンの中には連写で撮影なんて人も・・・

では撮影データをご覧下さい!

カメラ=Canon Eos 5D MarkⅡ
絞り値=f22<絞り優先:ノーマルなやり方ですね[デジタルカメラの場合小絞りボケ【絞り込み過ぎてかえってボケてしまう現象】があるレンズがありますからf16くらいまでが一般論としては良いでしょうね~]>
シャッタースピード=1/40秒<Av優先からのシャッタースピードの値>
ISO感度=ISO 640<あまりプリントサイズを大きくする予定のない作品だったのでオートにて撮影した値です。[もちろんA4やA3くらいは全く問題ないですが・・・]もちろんISO感度を下げての撮影でもスローシャッターになるだけですから全紙や全倍の予定があればISOを50~100くらいが良いでしょうね>
補正露出=露出補正なし<デジタルカメラ操作では、使えるシーンもありますが、基本的に構図のどの場所に測光するかで思うままに設定できるので±0です。フレーミングを決めてから測光する場合は使用しても良いと思います。>
測光方法=中央重点測光 
レンズの焦点距離=焦点距離=32mmシグマレンズ28-80mm
ピクチャースタイル=風景(シャープネス 7・コントラスト+4・色の濃さ+4・色合い-4に調整[この調整は意外と気が付かないところでしょう?-側にすることで赤みが増します。])

一番大切な事はホワイトバランスです。
ホワイトバランス=日陰<ここがPoint!!!>
何故??? 日陰モードで夕焼けを撮影してみて下さい⇒答えはすぐに分かります。=赤みが強調されるのです。
つまり日陰だけでの撮影モードではないのです。

こんな解説を毎時間・毎回聞いて頂けたら思うがままに撮影できていくと思います。

「逆さ紅富士」の撮影テクニック・・・②解説

(2014年7月7日(月) 1:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

誰でも撮れるカメラ教室
QA.AKIYAMA (カメラ)

児玉・群馬藤岡・倉賀野・高崎・熊谷・籠原・深谷・本庄・神保原・高崎問屋町・新前橋・前...

ブログ記事 ページ先頭へ