サイタ趣味の習い事カメラ教室大阪 できる!わかる!写真教室 スクールブログ 写真が上手にな...

写真が上手になりたい方は・・・

みなさん、写真が上手になりたいとおっしゃられます。
しかし、あなたにとって上手な写真というのは どういう写真でしょうか?とお尋ねすると 皆さんお考えになられた事がないようで なかなかお答えでないようです。

まず、上手な写真と言うのが 自分のとりたいものが表現できているものなのか、それとも人に評価される写真なのかということで 原点が大きく違います。
これを考える事により、基礎も 機材もスタイルも変わってきます。
一度、あなたの写真というものがどういうものなのか考えてみると、自然と作品が変わってくると思います。
もし、漠然としている方であれば 一緒にレッスンをしながら あなたの中にある「上手」を探していければと思っています。



 

(2014年7月1日(火) 11:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

写真館~サイト作成まで経験豊富。基本の用語~応用的な光の扱い方まで

新着記事

しばらく新規の方の受付を停止していましたが 再開致しました。 各駅へのレッスンではなく、レッスン会場を固定する事にしました。 通常は、屋内でのレッスンです。 日、祝はご希望により 屋外への出張レッスンとなります。 喫茶店などでのレッスンではありませんので マンツーマンで落ち着いた雰囲...

みなさん、写真が上手になりたいとおっしゃられます。 しかし、あなたにとって上手な写真というのは どういう写真でしょうか?とお尋ねすると 皆さんお考えになられた事がないようで なかなかお答えでないようです。 まず、上手な写真と言うのが 自分のとりたいものが表現できているものなのか、それと...

体験レッスンは、場所指定していますが 通常レッスンは ご自宅以外なら指定が可能です。 システム上 体験レッスン会場からの交通費を頂きますが ご利用頂きやすいかと思います。 体験レッスンにて、お問いあわせください。

年により、ツツジは大きさが違ったり ばらばらだったりと差がありますが、今年はツツジがよく咲いています。 群生を遠くから撮影したり、近くから立体的に背景をぼかしてボリュームをつけて撮影してみるのもよいかと思います。 個人的には、アップで撮影するとおもしろいのではと思っています。

今の生徒さんにもレッスンしていますが、基本としてカメラの構え方やシャッターの切り方などの本当の基本までお教えしています。 手ぶれによって せっかくの作品が生きなかったり 機材を余分に必要になったり、いざというときにとれなかったりはもったいないですね。 本当の基礎の基礎から学びたい方はどうぞ...

ブログ記事 ページ先頭へ