全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室大阪 ヨコヤマ写真スクール スクールブログ 写真の上達 Ⅻ...

写真の上達 Ⅻ 「写真と絵画」

・写真の上達シリーズ12回目は「写真と絵画」に触れてみたいと
 思います。

 皆さん風景を写真で撮るのと、絵画として描くのは
 何が違うのでしょうか?

 写真は風景をそのまま一瞬(秒単位)で切り取ります。
 絵画は風景を一旦自分の記憶に落とし込み、キャンパスに
 再生します。

 言い換えますと、写真はカメラという媒体を通して、そのまま
 を写込みます。
 絵画は人の目でフィルターを通して、キャンパスに再生されます。

 絵画は写実以外、自分のイメージが大きく介在します。

 ここで重要なのは、イメージ作りです。

 写真も作品作りには絵画同様、自分のフィルターを通して
 イメージを作り上げることです。

 イメージ作りには、絵画が非常に参考になります。

 写真は絵画の表現を取り入れた部分が多くあります。

 例えば、オランダの有名なレンブラントという画家がおりましたが
 写真のポートレートのライティングの基本はレンブラントライティング
 です。
 まず、写真系の大学ではまずこのライティングを教えます。
 光と影を計算した、ハイライトからシャドーまで非常に繋がりの
 いいライティングです。

 ポートレートライテンィングを学ぶには、このライティングを
 まず、身につけてください。

 最近、巷のプロと言われるカメラマンが撮った写真をみますと
 このような階調の豊富な写真が少なくなってきており、光を
 回せばいいという写真が多すぎます。

 また、構図についても、黄金分割、三分割法も絵画から
 きています。

 皆さんも写真を撮る前に、まず十分にイメージを考えてから
 シャッターを切りましょう。
 きっと、今までと違ったレベルの写真が撮れる確率が上がります。

 写真を上達するに当たっては、絵画が非常に参考になります。

 撮影帰りに美術館に通いましょう!!

 イメージが湧いてきます。

 今回は三分割法に当てはまる構図を参考に載せました

 参考に見てください。

                     <ヨコヤマ写真スクール>
 

 
 

 
 

写真の上達 Ⅻ 「写真と絵画」写真の上達 Ⅻ 「写真と絵画」写真の上達 Ⅻ 「写真と絵画」

(2014年6月29日(日) 12:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

ブログ記事 ページ先頭へ