全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室岡山 あなたの長所を生かすカメラの使い方 スクールブログ デジタルは赤が...

デジタルは赤が苦手

赤の階調(暗い所から明るい所までの描写)はデジタルが苦手です。
ゆえにそれを踏まえて撮る必要があります。
描写できる階調の幅がかなり狭いのです。
実例をご覧下さい。

まぶしくて直視できないほど輝く(←冗談でなくホントに),
真っ赤なバラを見つけたので撮ったものです。
カメラが自動で調整してくれる露出より,どれだけマイナス(-)に下げたかも記しています。

パッと見た目に近いのは,1番目(左端)の「-1.0」ですが,
これでも赤の階調は一部が飛んでおり,完全には再現されていません。
カメラまかせよりちょっぴり下げた2番目(中央)の「-0.3」ではあきれるほどに飛んでしまっています。
(赤の飽和;ベタ塗り状態。つまりカメラまかせではまともに撮れない!)
3番目(右端)の「-1.7」まで下げてようやくすべての階調が描写できます。
(その代わり他の緑の葉っぱなどが思いっきり暗く落ちてしまいますが。)

このように,何を優先して描写し,代わりに何が犠牲になってもいいか,
そのバランスを考え,自分なりの個性ある写真を撮るわけです。

こうして,一見簡単に撮れると思う花でも,
こだわっていくと,実はいろいろなコツ・ノウハウがあるのです。
写真の世界は,何を撮るにしても,
掘り下げていくと深いものがあり,そこが何とも面白いのです。

デジタルは赤が苦手デジタルは赤が苦手デジタルは赤が苦手

(2014年6月3日(火) 23:23)

前の記事

この記事を書いたコーチ

一眼レフ~3D立体撮影までおまかせ!30年のノウハウをあなたに

ブログ記事 ページ先頭へ