全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室愛知 澤田写真スクール スクールブログ 利き目はどちら...

利き目はどちら?

皆さんは利き目はどちらですか?
人間は良く出来ていて両目で見ている方が多いと思いますが、一眼レフなどは片目になってのぞく事が多いですね。ちまたで最近見かけるのは一眼レフでもモニターで撮影してる方をよく見ますが意外に安定しない撮影のし方に感じてしまいます。
私などはもう長くカメラのファインダーをのぞく事が多いのですが実は両目を空いたまま撮影しています。私は利き目が左なのでちょっと不便なのですがそれでも両目を相手撮影しているのは仕事柄危険察知の意味もあります、危険察知とは何かが撮影中に起こっても良い様にです、モータースポーツの現場などはとても危険と隣り合わせなのでどうしても両目を相手カメラをのぞいています。
そんな中で皆さんお持ちのカメラ自身は、目に例えると片目(一眼)なので普段両目で見ている景色を写真に撮ろうとするとなんかちょっと?と言った感じになる時はありませんか?そこが人間のすごい所でちゃんとすべてきれいに見える様に出来ているのかな?と思われます。
皆さんもカメラになった気持ちで写真を撮るときに片目で見てみるとほんとのカメラの目になってみると新しい発見あると思いますよそんな事もスクールの中で経験してみてはどうでしょう。

利き目はどちら?

(2014年4月7日(月) 20:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大手雑誌社からの委託も!人物から風景、車両撮影まで幅広くカバー

澤田写真スクール
澤田優樹 (カメラ)

豊田市・三好ヶ丘・米野木・日進・新瀬戸・瀬戸市役所前・尾張瀬戸

ブログ記事 ページ先頭へ