サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 レベルアップ写真教室 スクールブログ 写真が上手くな...

写真が上手くなるには・・(2)

前回につづき、
どうしたら写真が上手になるのか?その2


前回書いた「写真をたくさん見る事」と
もう一つが「写真をたくさん撮る事」ですが、

「良い写真を撮る」事は考えなくていいです。
考えすぎると写真が撮れなくなりますから、考えないでたくさん撮る。
だらだらと撮り続けるよりも時間を決めて集中して撮りましょう。
昼休みの15分でも、休みの日の1時間でもかまいません。
「さあ今から写真を撮るぞ」と決めて集中して写真を撮りましょう。
「なにか面白いものがあったら撮る」のではなかなか向こうから面白いものがやってくる事は少ないので、日常の中からむりやり探しておもしろがって撮りましょう。

そして撮り方としては「これは面白いかな?」と思ったらまず1枚撮る。
撮った写真をすぐにモニターでチェックして考えてみましょう。
縦がいいか、横がいいか?
もっと寄った方がいいか、もっと引いた方がいいか?
もっと明るい方がいいか、もっと暗く撮った方がいいか?
などなど考えながら2枚目を、
さらに反対側から撮った方がいいか?
もっと上から撮った方がいいか?
などと考えて3枚目、4枚目を撮ってみましょう。
とにかくたくさん撮る。
そして後で見直して気に入った写真を選びましょう。

この2つ、
「写真をたくさん見る事」
「写真をたくさん撮る事」
これを繰り返すうちに写真を見る目と、写真を撮る力が付いてきます。
この2つを別の言葉に言い換えると
「知識」と「経験」と言う事ができると思います。

写真が上手くなるには・・(2)

(2014年3月22日(土) 21:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

写真上達のコツは2つだけ!「見る」と「撮る」から楽しく上達

新着記事

写真には2つの大きな機能があります。 1つは「記録」 もう一つは「表現」 お子さんの成長記録 昭和の銀座の街並み 家族旅行 運動会 など これらは貴重な記録ですから写っているだけで価値がある。 写真の重要な機能です。 もう一つが「表現」 これが難しい。 まず...

プロカメラマンを何年もやっていると、 「良い写真てなんですか?」 と、聞かれる事がある。 これは難しい質問だ。 果たして正解があるのだろうか? これは100人のカメラマンが100通りの答えを持っているのかもしれない。 だからたくさんのカメラマンがいて、職業が成り立っているのかもしれ...

前回につづき、 どうしたら写真が上手になるのか?その2 前回書いた「写真をたくさん見る事」と もう一つが「写真をたくさん撮る事」ですが、 「良い写真を撮る」事は考えなくていいです。 考えすぎると写真が撮れなくなりますから、考えないでたくさん撮る。 だらだらと撮り続けるよ...

どうしたら写真が上手になるのでしょうか? 方法は色々あると思いますし、様々な意見があると思います。 私が思う「写真が上手くなる方法」2つを紹介しましょう。 「写真をたくさん見る事」と 「写真をたくさん撮る事」の2つです。 世の中には写真がたくさんあふれています。新聞や雑誌、イ...

写真は「選択の芸術」と言われています。 頭の中で創造したモノを音楽にしたり、絵に描いたりする事は可能ですが、 写真は実在しないモノは写りません。 なので、まず 1)何を写すか、を選ぶ 2)どこを写すか、構図を選ぶ 3)レンズは、何ミリで撮るかを選ぶ 4)光にあわせて、ホワ...

ブログ記事 ページ先頭へ