サイタ趣味の習い事カメラ教室大阪 カメラスクールおしうみ スクールブログ 壁を打ち破るに...

壁を打ち破るには?

目標を見失ったり、どうしても壁にぶちあったときは、人マネ。

そう、誰か好きな写真家の写真、何か本に載っている好きな写真を

真似して撮ってみるのです。但しその写真をよく観察してできるだけそっくりに

気にいるまで何度も撮るのです。

有名な画家も模写を徹底的にやります。

壁を打ち破るには?

(2014年2月28日(金) 11:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国公募展の入賞多数!コンパクトから大判カメラまで上達の早道おしえます

新着記事

 大きな風景はとてもいいですね。 写欲がガンガンわいてきます。少し焦り気味になりますが。 夏の尾瀬を撮ってみようと構想を練り、頭の中でアレコレ考えていきました。 あまりに風景が大きすぎて気ばかり急いてなかなか思うようには撮れません。 しかし、なんとかとねばりねばり撮影し...

新緑の美しい季節です。 心洗われ清々しい気持ちで全てが晴れやかになります。 まして若葉はこの季節だけのものです。 花の命に似てわずかな一時です。 誰もがカメラを向けたくなります。 心を洗いに思い切って出かけましょう。

寒いなかでも春の花はあちこちで咲き始めています。 新しいカメラを入手したのでテストを兼ねて植物園に撮影に出かけた。 雨のあくる日だったのでしっとりとした感じがでた。 雨、雪、霧、霜等々は撮影にあたっては大変ですが、結果は 納得するものが撮れるのです。

紅葉も終わりに近づきました。 最後の色を求めて奈良を散歩した。 今年の秋色もこれで見おさめ。 撮り残しは記憶に留め、また来年挑戦したいと思います。 次は冬の季を探します。

秋の色は紅葉が主役。 どうしても撮影枚数が多くなります。 セレクトが大変。 赤がメインですが、朱、黄も取り入れたものが華やかになります。 これに緑を少しあしらうと全体がまとまります。

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ