全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室兵庫 片上フォトワークショップ スクールブログ 初めてのレッス...

初めてのレッスンで大活躍の大型カメラ

 初心者の生徒さんにカメラの基本を理解してもらうのに私は大型カメラを使っています。
 大型カメラ(4×5等、4×5inchサイズのフィルムを使う)というとプロカメラマンや上級の写真愛好家が使うように思われがちですが、カメラの概要を理解してもらうのに最も適したカメラだと思っています。ただし、実際に撮影するのではなくて、カメラの構造、レンズの構造、シャッター、絞り、焦点合わせ等を説明するのに使います。大変便利でレンズと焦点板をつないでいる蛇腹という物を外すと、カメラの中には何も入っていませんし、レンズ(レンズシャッター)も簡単に前玉(前のレンズ)と後ろのレンズが外れ、シャッターの開閉を実際に確認し、シャッター速度を体感できます。絞りはレンズを通ってくる光の量を眼で確認できます。これで露出の基本のEV=AV+TVの説明が簡単になり、生徒さんが使っているデジタルカメラのダイヤルにセットされているTVやAVを理解していただけるようです。
 また手持ちの露出計も中々興味深い物のようで、入射光と反射光の値の違いなどを説明することで露出設定ということの理解を深めていただけるようです。
 残念なことに大型カメラを使ったデジタル撮影は、一部の写真作家やプロカメラマンの世界でしか行われなくなりましたが、フィルム代と現像代と経費は掛かりますが、風景写真のジャンルでは未だ愛好家が多いようです。
 余談ですが、アメリカの著名な写真家 アンセル・アダムスのワークショップでは使用するカメラのサイズが8×10inchだったとか。写真を最初から勉強するなら8×10inchのカメラでも35mmでも同じだと言うことだそうです。
掛かる経費はかなり違いますが、大型カメラの魅力は大きいですよ。ご希望でしたら大型カメラのレッスンも体験してみて下さい。

 

(2013年10月8日(火) 18:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

渡仏経験あり!指導歴25年のベテランが伝えるカメラの基本

ブログ記事 ページ先頭へ