全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真講座 スクールブログ 夕焼けは太陽が...

夕焼けは太陽が沈んでから30分間が勝負(^・^)

夕焼けっていいですよね。

でも、夕焼を撮って、あれ!?って思ったことがないですか。
そう! 見た目とかなり違って写ってる。

夕焼けを撮るにはちょっとしたコツがあります。

ここで、そのコツを二つお話します

1)カメラのホワイトバランスを「曇り」や「日陰」にする
ほとんどのカメラにはホワイトバランス設定の中に「オート」「晴天」「曇り(曇天)」「日陰(晴天日陰)」「蛍光灯」などがあります。
そのうち「曇り」か「日陰」を選ぶと、写真に赤みがプラスされます。
この設定をすると、夕焼けが夕焼けっぽくなります。

2)露出補正をマイナスにする
写真は暗いほうが夕焼けの色が出やすいので、露出補正をマイナスにして暗くしましょう。
露出補正の程度は、写した後の確認で調整しましょう。


9月下旬になって、空気が澄んできましたね
富士山がシルエットで浮かび上がって、今日の夕焼け綺麗でした。

夕焼けは太陽が沈んでから30分間が勝負(^・^)

(2013年9月27日(金) 22:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

東京タワーアートアワードなど、受賞歴多数。思い出写真を、もっと綺麗に

小さな写真講座
田中和則 (カメラ)

赤羽・蕨・西川口・川口

ブログ記事 ページ先頭へ