全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室岡山 あなたの長所を生かすカメラの使い方 スクールブログ 女性のほうが色...

女性のほうが色に敏感?

約1年前ですが,ナショナルジオグラフィックの記事に
「男性と女性、物の見え方に違い」という記事がありました。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120910003
興味深いのは,女性のほうが,色の微妙な違いを見分けることができる,というのです。

「色」については,調べているとイロイロ面白いネタがあって,キリがありません。 (^-^;
(例:男性は青系の中にちょびっと赤が入ってるものに目を引かれやすく,
     意外と黄色を好む点では子供と似ている。[つまり子供っぽいとこがある。]
   女性は高級腕時計のガラスのわずかな着色に気付くが,男性は透明だと言い張る。
   2つの口紅のどっちにするかで女性は悩んでいるが,男性にはどちらも同じピンクに見える。
   経済情勢が悪化すると,男性はモロに落ち込むだけだが,
     女性はなぜか色の変化を生活にもたらそうと画策し始める,などなど。)

でも 「いや!私はちゃんと見分けるぞ!」という男性もいらっしゃるでしょう。
  (現に,私もそう言いたい・・・( ̄∇ ̄;)。)

ここで注目できるのは,同じものを見ていても人によって違う!という点です。

同じ“きれいな”景色を見たとしても,
 ある人は,ただ付き合い程度に「あぁ,きれいだね」と言うだけで,ものの10~20秒で飽きてしまう。
 別の人にとっては,感動ひとしおで,しばらくその場にとどまり,
   何も記録を残さないまま帰るわけにはいかず,写真を撮っておこうとカメラを取り出し・・・

色の微妙な変化やグラデーションなどに気付き,目を留める感性があなたにあるなら,
それを 「写真」 という方法で,
誰の目にも分かるような形で見せる(魅せる)のはいかがでしょうか。 d(⌒-⌒)

※参考までに,男女の色の区別の違いを表す図表を載せておきますね。
(あちこちのサイトで取り上げられたものなので,問題はないと思い掲載します。)

女性のほうが色に敏感?

(2013年9月9日(月) 22:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一眼レフ~3D立体撮影までおまかせ!30年のノウハウをあなたに

ブログ記事 ページ先頭へ