全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 NY Tokyo カメラ講座 スクールブログ 写真がうまくな...

写真がうまくなるためには、単焦点レンズを使おう!


 > 単焦点レンズを試した事はありますか?

 ズームレンズをお使いの方が多いと思います。ズームレンズもとっても便利なのですが、写真がうまくなるために必要な要素として、レンズの画角感覚を養う事です。これは、どんなサイズ(フルサイズ、APS、中判、大判)になっても、一つの基準として自分の中に持っていることが大切です。

 > 画角感覚とは

 画角感覚とは、28mmレンズならば、このくらい。50mmレンズならばこのくらいの範囲が映り、背景がぼける。といった感覚をカメラを覗かないでも、感覚的にわかる事です。

 > まずは、50mmレンズを使いこなしてみよう!(35mm換算で50mm)

 写真を楽しむ中で、色々なレンズや機材を使ってみたくなるのですが、しばらくの間50mmの単焦点レンズだけを使ってみる事をお勧めします。50mmが飽きたならば、35mmと言う風に、単焦点レンズを1本1本集めてゆくのも楽しいです。


 おすすめのレンズの買い方の順番

単焦点50mm > 単焦点 35mm > 標準ズーム > 100mmマクロ > 単焦点85mm > 望遠ズーム > フィッシュアイレンズ > 単焦点28mm > シフトレンズ




ぜひやってみましょう!

 

(2013年8月1日(木) 14:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NYのパーソンズ美術大学卒。カメラ選び~画像加工まで、プロの技を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ