サイタ趣味の習い事カメラ教室岡山 あなたの長所を生かすカメラの使い方 スクールブログ 自分にとってベ...

自分にとってベストなカメラ

道具(ツール)というものを,皆さんはどのように捉えていますか?
こだわりはどの程度でしょう?(ジャンルによって違うと思います。)

カメラに限らず,対照的な次の2者が必ず存在します。
  ・最低限の用・目的を成せば,あとはこだわらない。
  ・最高の性能(スペック)でないと気が済まない。
両極端ですが,現実に常に存在するこの2者を考えると,
 道具に対する,より正しい向き合い方・捉え方が見えてきます。
つまり,どの程度こだわるのが自分にとっては「正解」なのか?です。

道具(ツール)において踏まえるべき点は,次の2点に尽きます。

(1)カタログ(や宣伝文)は1面の情報に過ぎない。
  カメラに限らず,道具(ツール)の価値というのは,
   カタログ(の数値)だけで決して断定できるものではありません。
  カタログには決して表せない,細かな要素が幾つもあります。
  しかも,それらは実は「使い心地」に関わるものであり,使っていて初めて気付いてきます!
    (高性能と引き換えに,思わぬものが犠牲になっていたりするから怖い・・・。) 
   ですから買って使ってるうちに「後悔する」という経験も残念ですがすることになります。
      (それを避けるには,できるだけ実使用のユーザーの声をたくさん聞くこと。)

(2)事実上,非の打ち所のない完璧な道具(ツール)は存在しない。
  これは裏返せば,どの道具(ツール)にも長所と短所があるということです。
  究極,その選択が自分にとって最も重要です。(どの短所は妥協でき,どの長所は譲れないか?)

あとは各人の選択なので,特定の考えを押し付けることはできませんが,
私個人の観察と経験からは,ベストな答えは次のように感じます。
**********(ここから先は完全に私見。)**********
本当に「上手な人」は,性能(スペック)のことを驚くほどうんぬん言わず,
 もっぱら知恵と工夫で道具(ツール)を使いこなしている。
つまり,短所のあるカメラでも,それを十分承知し,それを回避する工夫(テク)を駆使して,
 「最高級」に匹敵する写真を撮っている。

「弘法筆を選ばず」ということわざがあります。
 「その道の名人や達人と呼ばれるような人は,道具や材料のことをとやかく言わず,
   見事に使いこなし立派な仕事をする。
  下手な者が道具や材料のせいにするのを戒めた言葉。」といった意味合いのようです。
 英語では,a bad workman always blames his toolsということわざがあり,
  「ダメな職人はいつも自分の道具にケチをつける」といった意味合いです。

当てはまるのは限定的ですが,やはりある程度は真実だと感じます。

願わくは皆さんが,自分にとってベストなカメラを入手できますように!\(^o^)/
“最高級”でなくても,あなたの感性こそが写真を光らせるものであり,
 決してカメラに完全依存するものではないことを覚えておいてください。d(^_^*)

 

(2013年7月17日(水) 0:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一眼レフ~3D立体撮影までおまかせ!30年のノウハウをあなたに

新着記事

赤の階調(暗い所から明るい所までの描写)はデジタルが苦手です。 ゆえにそれを踏まえて撮る必要があります。 描写できる階調の幅がかなり狭いのです。 実例をご覧下さい。 まぶしくて直視できないほど輝く(←冗談でなくホントに), 真っ赤なバラを見つけたので撮ったものです。 カメラが自...

紫色がカメラによって変わる-その対処法の一つは「ホワイトバランスの調整」です。 が,それで万事OKとは限らない例を紹介します。 (1)コンパクトデジカメ,オート (2)コンパクトデジカメ,ホワイトバランスをその場で調整 (3)一眼システム,オート の3パターンを並べて1枚にした写真で...

コンパクト,一眼システムで違いが出た「紫」の例を載せます。 実際の見た目は一眼システムの色合いが正解であり,見たまんまが見事に再現されています。 先回のブログで触れたように,「紫」の再現はひじょ~に難しく,撮ってみなければ分かりません。 (その複雑な仕組みをサラリと先回触れました。難しい...

今回はちょっと危険な領域に触れます。 難しさゆえに語られることさえあまりない分野-それは「紫色の再現」です。 初耳の人もあれば,経験で感じている人もあるでしょう。 「紫」は実に不思議な色で, 見たまんまにちゃんと写ることもあれば,かなり違った色に写ることもあるのです。 (☆どんな...

写真で最も致命的なのは何?-手ブレ?ピンボケ? (通常のレッスンではその辺に触れますが) より広い観点で言うなら,カメラそのものを持っていないこと!です。 これは度重なる経験から痛感してきたことですが, どんなにイイ場面に遭遇しても,その時にカメラを持っていなければ何もできません。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ