サイタ趣味の習い事カメラ教室神奈川 ビギナーのためのカメラ写真講座 スクールブログ ●枯れても美し...

●枯れても美しい花/テーブルフォト編

□春先に花瓶にさしてあったチューリップをリサイクルしました。花盛りを過ぎ萎れたタイミングで、捨てずに自然乾燥させ、保管しておいたものです。
チューリップの花びらは、枯れても色が残る特徴があり、テーブルフォト(今回は床の上ですが)の良い素材になります。

□一番優しいライティング:窓際に和紙を敷いてガラス越しの自然光で撮影しました。陰になる部分は、お約束のレフ板を用いて潰れすぎない様に補いました。

□身の回りにある何気ない素材を使って、自分なりにテーブルフォト的なカメラワーク(絵作り)を楽しんで見ませんか。


●枯れても美しい花/テーブルフォト編

(2013年7月2日(火) 22:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大手広告代理店出身。目標の第一歩をフレンドリーにサポート!

新着記事

作例は近所のよそ様のお花畑で、あまり近くに寄れないのが残念です。 今回も180mm望遠レンズを使って撮ってみました。 さて、くどい様ですが写真の完成度を高めるには背景(被写体の周り)の整理が重要です。花がいくら奇麗でも、周囲に映る余分なものを適度に処理しないと結果として写真の完成度が落ちる...

毎年、箱根駅伝の往路2区間へ観戦に出かけています。 今年は記念の90回大会という事で参加校が23チームもあり、いつもより長く楽しめました。元来、花の2区は各校のエースが走る区間でもあり、先頭としんがりの差が少なくあっという間に目の前を過ぎ去ってしまいます。 しかし今回は、先頭の駒大と23番目...

あまり考えすぎず、撮りたいものを素直に撮ることから始めましょう! ※計算づくの洗練された美しさも良いのですが、むしろ月日が経つ事でいい感じに崩れて独特の味を醸し出す被写体に、写真愛好家はついカメラを向けてしまうのではないでしょうか。 1980年代前半頃、原宿にこんな雰囲気のショップがあった...

『この写真は?十年前に原宿で撮影したショーウィンドウです』 まだ学生時代に、夜の原宿へ出かけてショップのウィンドウや装飾を撮っていたことがありました。 <center><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2013/11/17/13085/1024...

彼岸花というくらいですから、ちょうど今頃咲いている印象ですね。先日、秋分の日(9/23)の前日の朝、早起きして太陽が辺りを照らし始めた頃に近くの田園へ出かけてみました。田圃のあぜ道に、お誂え向きの"曼珠沙華"が咲いていてくれました。180mmの望遠レンズを用い、絞り開放にして撮ってみました。早...

ブログ記事 ページ先頭へ