サイタ趣味の習い事カメラ教室岡山 あなたの長所を生かすカメラの使い方 スクールブログ 新しくカメラを...

新しくカメラを買う時に考慮するポイント

新しくカメラを買おうと思ってる方を周囲でちらほら見受けるため,
考えると良いポイントをシンプルに。d(^_^o)  何と,たったの2つです!

  ※なお,あくまで一般家庭の視点・基準です。
   (つまり,プロのように次から次へと惜しげなくお金をつぎ込めるわけではなく,
    カメラ一つ買うのにも一大決心と家族への相談を要する,ごく普通の家庭の状況。
     …て,自分とこじゃん(-_-;)…)

(1)目的です。
    主に何を撮りたいのか?(複数あれば,その優先順位)
      これでもう,買う機種は半分以上決まってきます。

(2)撮った後の写真をどうするか?
    主にプリントして配ったりしますか?
    もっぱら自宅のパソコンのモニタで鑑賞しますか?
    ブログに載せるのがメインですか?
    機会があれば作品として世の中に出したいと思っていますか?
   要は,どの程度の品質を求めるか(必要とするか)ということになります。

大変シンプルですが,この2点さえ伺えば,おのずとふさわしい機種が選定されます。
 (あとは単純に見た目・触った感じ等の好みで選んで頂いてOK。)

とまあ,こう書いてしまうとあまりにそっけないので,
 実際によくある「“詳しい人”に聞くと返ってくる典型的アドバイス」2例に注目してみると,
 さっきのシンプルな2点の良さが分かると思います。(* ̄  ̄)b

・ とにかく高画質,高機能,最新を勧められる。(当然,その分高価になる。)
    ※カメラ好きやマニアにとって,この気持ちは大変よく分かるのですが,
     ごく一般家庭の人にとっては,意外とそれが過剰であり,
     結果,必要以上の出費になったり,性能が生かされることなく無駄になることが多いのです。
       (へたすると,高性能の高価なカメラはいつしかすみっこに眠ってしまい,結局,
        安くてシンプルなカメラのほうがメインで使われていたり…。[実際に時折目撃する])

・ とにかくイチオシのメーカー,特定の機種を勧められる。
    ※そのかたにとって,それがベストの選択であることは間違いありません。
     が,(最初の2点で述べたとおり)人によって意外と使い方や目的は違うため,
     相手のベストが自分にとってもベストかどうかは,意外と別問題。。。( ̄∇ ̄;)

※こういう“現象”って,何もカメラに限ったことではないですけどね・・・(^_^;)

 

(2013年6月27日(木) 8:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一眼レフ~3D立体撮影までおまかせ!30年のノウハウをあなたに

新着記事

赤の階調(暗い所から明るい所までの描写)はデジタルが苦手です。 ゆえにそれを踏まえて撮る必要があります。 描写できる階調の幅がかなり狭いのです。 実例をご覧下さい。 まぶしくて直視できないほど輝く(←冗談でなくホントに), 真っ赤なバラを見つけたので撮ったものです。 カメラが自...

紫色がカメラによって変わる-その対処法の一つは「ホワイトバランスの調整」です。 が,それで万事OKとは限らない例を紹介します。 (1)コンパクトデジカメ,オート (2)コンパクトデジカメ,ホワイトバランスをその場で調整 (3)一眼システム,オート の3パターンを並べて1枚にした写真で...

コンパクト,一眼システムで違いが出た「紫」の例を載せます。 実際の見た目は一眼システムの色合いが正解であり,見たまんまが見事に再現されています。 先回のブログで触れたように,「紫」の再現はひじょ~に難しく,撮ってみなければ分かりません。 (その複雑な仕組みをサラリと先回触れました。難しい...

今回はちょっと危険な領域に触れます。 難しさゆえに語られることさえあまりない分野-それは「紫色の再現」です。 初耳の人もあれば,経験で感じている人もあるでしょう。 「紫」は実に不思議な色で, 見たまんまにちゃんと写ることもあれば,かなり違った色に写ることもあるのです。 (☆どんな...

写真で最も致命的なのは何?-手ブレ?ピンボケ? (通常のレッスンではその辺に触れますが) より広い観点で言うなら,カメラそのものを持っていないこと!です。 これは度重なる経験から痛感してきたことですが, どんなにイイ場面に遭遇しても,その時にカメラを持っていなければ何もできません。...

ブログ記事 ページ先頭へ