全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 コウノ写真教室 スクールブログ 逆光を活かして...

逆光を活かしてみよう!

これから作品作りを目指す、初心者カメラマンの皆さんへのアドバイスを書いてみようと思います。
良い写真を撮る為のテクニックとして、以前にボケをコントロールする為の絞りについて書いてみました。絞りやシャッタースピードと言ったカメラの操作により絵をコントロールする事は非常に重要ですが、それにも増して光の扱いは大変重要です。
私は多くの場面で、逆光を活かすテクニックをお薦めしています。

記念写真を撮る時に、しばしば「こっち向きじゃぁ、逆光になっちゃうよ!」と言う言葉を耳にします。確かに単純にカメラ任せに逆光で記念写真を撮ると、背景に比べて顔にまわる光が少ないために、顔が暗く写ってしまいます。しかし、主光源を被写体の後ろ側に置いて撮影する逆光は、人物写真をもっとも美しく撮る事が出来る光の使い方と言えるのです。
露出補正を使ったり、レフ板やストロボ等の補助光をうまく使う事により、顔面を適切な明るさにすれば良いのです。そして髪や衣装を輝くように写したり、背景にも綺麗な光を活かす事ができます。

逆光を効果的に使えるのは、人物だけではありません。花や紅葉等も透けるような美しい絵を作る事ができます。

その様なテクニックを私の写真教室で、身に着けて頂ければと思っています。

逆光を活かしてみよう!

(2013年6月23日(日) 21:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンテスト入賞、雑誌掲載も!カメラ歴40年の知恵をイチからあなたに

コウノ写真教室
河野修一 (カメラ)

武蔵小杉・蒲田・自由が丘・日吉

ブログ記事 ページ先頭へ