全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 ハル写真教室 スクールブログ プリントアウト...

プリントアウト・・・その1

皆さんはデジカメで撮った写真はどうしています?

まさかカメラの中に入れっぱなし、なんてことはないでしょう?

最近はスマホとかタブレットとかPCとかで鑑賞しているって人も多いんじゃないですか?
実際、私なんかもそういうデータが多いです。
基本的には気に入った写真はPhotoShopという画像編集ソフトで細部まで仕上げて作品としています。
そうして出来上がった作品はDVDに焼いて保存しておきます。

カメラマンの人たちは自分の作品のプリントをファイルに入れて
他の人に見せたり、自分の記録として保存しています。
これはブックと呼ばれる物になります。

皆さんの中にも、ご自身でプリンターを持っている方も多いでしょう。
プリントアウトの際に縁なし印刷を選ぶのか、縁あり印刷を選ぶのか迷ったことはありませんか?

私のプリントは必ずって言ってよいほど縁が付いています。
しかも、広い面積で。

それには訳があるんです。

縁がないと、見ている人がプリントの外まで写真の続きを想像しちゃうんです。

私は、絵をそこで完結させたいために縁をつけています。
つまり、私にとって写真の白縁は額縁の役目をしているんですね。
これは「額縁効果」といわれています。

また、見てくれる人の視線を白縁の内側に固定する働きがあります。

皆さんも、今度試しに太い白縁を付けてみてください。
自分の写真の雰囲気がガラッと変わりますよ。

 

(2013年6月21日(金) 16:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

日本写真協会会員。ゆるかわ写真~心象風景まで、こだわりを写すお手伝い

ハル写真教室
坂上恒之 (カメラ)

渋谷・新宿・吉祥寺・明大前・下北沢・代々木上原

ブログ記事 ページ先頭へ