サイタ趣味の習い事カメラ教室神奈川 コウノ写真教室 スクールブログ さそり座

さそり座

今日は、私の写真人生のスタートについて書いてみたいと思います。
この記事を読んで頂いている皆さんも、きっと何かの思いがあって写真の魅力に取りつかれていらっしゃるんだと思います。
私のその思いを知って頂く事で、私自身を知って欲しいと思います。

小学生の頃の私は、所謂「天文少年」でして、毎月当時渋谷にあったプラネタリウムに通って、星の話を聞くのが一番の楽しみでした。そこで天文台の大きな望遠鏡で撮影された写真を見て、いつか自分も見てみたい!できればそれを写真に撮ってみたいと思うようになりました。
当時は少なかった天体写真に関する本を読み漁る毎日でした。

ちょうどその頃、火星が地球に接近していて、ニュースでも取り上げられていました。たまたま父親が一眼レフを持っていたので、ある6月の晴れた日に庭でカメラを三脚に取り付けて写した、私の最初の写真が、さそり座と火星でした。
勿論、大した写真は撮れませんでしたが、それ以来、さそり座が見える時期になると、写真に撮りたいという意欲が盛り上がってくるのです。

当時、天体写真は技術的に非常に難しいものでして、どうしたら良い写真が撮れるのか、必死になって勉強したものです。その時に得られた知識が今でも役立っています。

それから40年以上が過ぎ、デジカメの能力は当時のフィルムカメラから飛躍的に向上しました。誰でもその気になりさえすれば、簡単に星の写真が撮れるようになりました。
そんなテクニックもご希望に応じてレッスンで紹介させてもらえればと思います。

この写真は、今年のゴールデンウィークに山梨方面で撮影した写真で、富士山の上にさそり座が写っています。

さそり座

(2013年6月19日(水) 23:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンテスト入賞、雑誌掲載も!カメラ歴40年の知恵をイチからあなたに

新着記事

昨日、南越谷に阿波踊りを撮影しに行ってきました。 本場の徳島、50年以上の歴史を持つ高円寺と並んで日本3大阿波踊りと言われているそうです。 踊りながら進む「流し踊り」の会場となった道路の両脇にはすでに大勢の人が陣取っていて、カメラやビデオを構えていました。 ゴール付近で私は撮影してみまし...

過去のブログの中で、私の撮影ジャンルの変遷について2度程書いてみました。 つまり、天体写真 → 山岳写真 となってきました。 今日はその後について、書いてみます。 実は山に登り始めて10年程経った頃に結婚をしまして、暫く山から離れていた時期がありました。 と、言うのも子供が生まれた...

ここ暫くさほど暑くない日々ですが、各地で大小の夏祭りが催されていますね。 夏祭りは絶好の被写体だと思います。 皆さん、雰囲気のある写真に取り組んでは如何でしょうか? 特に、夏祭りと子供は作品にし易い材料ですし、子供の記録、記念になると思います。 良い作品にする為には、以下のような事...

この3連休中に機会があって、高校野球の予選大会を見に行き、試合の場面とスタンドでの応援風景を写真に収めてきました。 家に帰って写真を確認すると2つの事に気が付きました。 一つ目は、絶好のシャッターチャンスだと思って撮ったものがタイミングが少し遅いカットがあった事、もう一つは、写真に写っ...

前々回に、私が最初に撮影した写真の事を書きました。 今日は、その後について書いてみます。 天体写真に熱中していた私は、より綺麗な星空を求めて高校時代から山に登るようになりました。高い山の上で星空を見た事のある人はご存知だと思いますが、下界で見た星空とは比べ物にならないほど美しいものです。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ