全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室神奈川 ビギナーのためのカメラ写真講座 スクールブログ ★窓の光を利用...

★窓の光を利用した小物撮影

●リンゴの写真は、リビングの食卓テーブルに、少し起伏をつけた和紙を敷き、レースカーテン越しの窓の光で撮影しました。
ライティングとしては逆光気味ですので、被写体の手前が陰になり暗く潰れます。そこでレフ板(反射板)でシャドーを起こしてあげる(明るくする)必要が有ります。かわ
いい小物被写体、料理、スイーツ類の撮影に有効です。


【ポイント】
窓からの光とはいえ直射光ですとコントラストが強過ぎて物撮りには向きません(例外は有ります)。白いレースカーテンは光を和らげてくれますし、クモリガラスも同じ効果があります。窓ガラスを無色のエアーキャップで覆うのも有効です。なお若干”ホワイトバランス”の調整も必要になりますが、雰囲気重視の場合はあまり気にする事は無いです。

【注意】
1.濃い色の被写体、光り物(ステンレスや鏡面素材)、上部が広く真っ平らなものには不向きです。
2.下地は、被写体の色に合わせ工夫しましょう。被写体が溶け込まない事。尚かつ配色バランスも考えましょう。

★窓の光を利用した小物撮影

(2013年5月7日(火) 1:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大手広告代理店出身。目標の第一歩をフレンドリーにサポート!

ブログ記事 ページ先頭へ