全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室神奈川 ビギナーのためのカメラ写真講座 スクールブログ ★「絞り」のお...

★「絞り」のお話、被写界深度って?(基本編2)

【基本のキホン2】
レンズの絞りは、いったい何の役目をしているのでしょう?
まず、シャッター速度と組合わせて露出(ざっくり言うと明るさ)をコントロールする役目が有ります。
もうひとつは、大事な撮影手法の基本として"被写界深度"コントロールの役割が有ります。ーーー他の役割もありますが、ここでは割愛致しましょう。

★ビギナーさんは、この"絞り"とか"被写界深度"に抵抗感を抱く方が少なくありませんが、でもそんなに難しい事はありません。※何より絞りの操作は、撮影がより楽しくなる為の一番の秘訣でもありますので、どんどんカメラを使って試してみましょう。

■二つの花(芝桜、花桃)の作例写真を参照下さい。
絞りの開閉でピント(焦点)の合う範囲をコントロールすることが出来るんです。作例では、絞りF1.4とF8.0で撮り比べました。仮にF16まで絞ったとすると、更に画面中心前後のボケ具合は少なくなります。因にピントを合わせたい被写体の手前ほどボケ具合は大きく、逆に後ろの方はボケ具合は小さくなります。是非試してみて下さい。





【注意】F1.4という絞り値は、明るい大口径レンズに限られた数字です。一般的な
標準ズームレンズでは、F3.5前後が最も明るい絞りという場合が多いと思います。
"被写界深度"といった専門用語は次第に覚えられますので、深く考えないで下さい。
加えて、レンズの焦点距離もピントの合う範囲に関し大きく影響します。
この事は、いずれ解説致しましょう。

★「絞り」のお話、被写界深度って?(基本編2)★「絞り」のお話、被写界深度って?(基本編2)

(2013年4月8日(月) 23:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大手広告代理店出身。目標の第一歩をフレンドリーにサポート!

ブログ記事 ページ先頭へ