全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 MNPデジカメ活用講座 スクールブログ 花だけではなく...

花だけではなく・・・。

山歩きをしていると、多くの草花に出会います。
花が好きな方には、被写体に困ることは無いでしょう。

ただ、グループ登山などでパーティーを組んで歩いている場合、三脚を添えてじっくり撮影というわけにはなかなかいかないものです。

以前お話をしたお客様で、花の写真を撮るのが好きで、奥様と頻繁に山に出かけている方がいらっしゃたのですが、

「せっかくの山だからじっくり写真を撮りながら歩きたいんだけど、女房を待たせて写真を撮っていると、仕舞には怒り出して大抵喧嘩になるんだよねぇ。」

と、愚痴をこぼされたことがありました。
さもありなんですね。
奥様はガシガシ山を歩くことを楽しみにしているのに、自分の興味のない写真に付き合わされて度々小休止を迫られたら、モチベーションもガタ落ち、それは怒りたくもなるでしょう。

私も、基本的にガイドをしながらの撮影ですので、当然お客様を待たせて撮影というわけにはいきません。
それでも私の場合は、撮った写真をお客様の山旅の思い出として差し上げるサービスを謳い文句にしているので、かなり自由に動くこともできますが、それでも限度があります。

そんな時に、ただ単に花を撮るだけではなく、できるだけ山旅で出会った花であることを思い出せるような撮影をするように心がけています。

方法は簡単、撮影位置を上手に工夫して、周囲の状況、特に歩いている登山者(パーティーのメンバーならベスト)などを一緒に撮影すると良いでしょう。

この時、パンフォーカスで状況を全て描写したくなるかもしれませんが、必ずしもその必要はありません。
第一それでは、何を写したいのかのテーマがぼやけてしまいます。
周囲の状況がぎりぎり判る程度に写りこんでいれば、それで十分です。
参考の写真を添付しましたので、雰囲気を掴んでいただけるのではないかと思います。

ともあれ、目に留まった被写体を、素早く思い通りに切り取る練習はきっと役に立ちます。
是非、お散歩しながらでも挑戦してみていただきたいと思います。

花だけではなく・・・。花だけではなく・・・。花だけではなく・・・。

(2013年4月4日(木) 13:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

山岳写真の現場レッスンは大好評。映像事務所主催なので動画の相談もOK

MNPデジカメ活用講座
志村薫 (カメラ)

分倍河原・谷保・西国分寺・橋本・西八王子・高尾・国立・西調布・飛田給・聖蹟桜ヶ丘・高...

ブログ記事 ページ先頭へ