全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 MNPデジカメ活用講座 スクールブログ 落椿の座

落椿の座

お客様のガイド中に、登山道に落ちていた椿の花を撮りました。

花の写真を撮影する時は、普通は咲いているものを生き生きと撮ることが多いと思います。
もちろんそれはそれで、思い出を残すための素晴らしい作品になるでしょう。
でも、時には視点を少し変えてみることも必要です。

ふたつの椿の写真を見比べてみましょう。
右は枝で見事な花を広げる椿をアップで撮影したもの。左は地面に落ちてしおれかかった椿の花を、陰影を強調して撮影してみました。
どちらに情緒を感じるでしょうか?

画像処理技術の進歩で、今のデジタルカメラは誰が撮っても、それなりにキレイな写真を撮ることができるようになりました。
そこで大切になるのは、撮影する人の視点と想いだと思うのです。

その写真で、自分がその時感じた心情を表現するためには、テーマを持って撮影することが大切です。
対象物に向かい合う時、頭の中で物語を「語り」ながらシャッターを押すことで、明確な意思を持った写真が撮れるかもしれません。
そこからタイトルをつければ、これはもう立派な作品です。

落椿の座落椿の座

(2013年4月3日(水) 14:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

山岳写真の現場レッスンは大好評。映像事務所主催なので動画の相談もOK

MNPデジカメ活用講座
志村薫 (カメラ)

分倍河原・谷保・西国分寺・橋本・西八王子・高尾・国立・西調布・飛田給・聖蹟桜ヶ丘・高...

ブログ記事 ページ先頭へ