全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 おもろい写真撮りまくり講座 スクールブログ ワイキキでの望...

ワイキキでの望遠レンズの圧縮効果!

 広角レンズと望遠レンズは、標準ズームをマスターしたら手に入れたいレンズです。旅に行ってのスナップであと少しワイド側が広ければとか、あと少し遠くの被写体が大きく写ればと思ったことありませんか?被写体が画面に入ればそれで一応撮影成功ですが、それだけではなく広角レンズには広角の、望遠レンズには望遠の特性があり、その効果をうまく利用することでおもしろい写真を撮影することが出来ます。
 広角レンズは広い範囲を写すだけではなく遠近感を強調するという特性があり、近くの物はより大きく写り、遠くの物はより小さく映し出すという描写が出来ます。
 その逆に望遠レンズには遠くの被写体を拡大し、遠近感覚を希薄にするという特性があります。それを圧縮効果と言い、望遠レンズによって引きだされる写真表現の一種で、奥行き空間が喪失し、“手前”に存在する被写体と“奥”に存在する背景が接近して見える事を言います。
 ここに写っているワイキキでサーフィンを楽しむ人たちは、肉眼で見るとこんなには混雑していません。しかし、500mmのレンズでカラカウア大通りに面したホテルのラナイからシューティングするとこんなに密集した表情になるのです。実際がこんなに混雑していたらサーフィンどころではないですよね!
 露出、ISO、シャッター・スピード、絞りなどの基礎をマスターしたら、次はレンズ選びです。標準ズームだけでもじゅうぶん楽しい撮影が出来ますが、より一層個性的な描写を手に入れたいなら、広角レンズ、望遠レンズの魅力を知ることです。
 かといって、すぐに購入する必要はありません。コーチが持ているものを借りて、面白写真にチャレンジしてください!!

ワイキキでの望遠レンズの圧縮効果!

(2013年4月2日(火) 23:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元オールナイト・ニッポンDJ!フォトグラファー兼音楽ライターとして活躍

おもろい写真撮りまくり講座
佐伯進 (カメラ)

川崎・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・登戸・新丸子・元住吉・日吉

ブログ記事 ページ先頭へ