サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 おもろい写真撮りまくり講座 スクールブログ 過ぎゆく季節に...

過ぎゆく季節に~

 桜を写真に収められる季節は、2週間~3週間(日本全国を周れば2ヶ月間だけど)。御近所で撮影する場合は、蕾を入れると1か月以上あるけれど、やっぱり満開が一般的にはフォトジェニック。だけど、散りゆく桜もなかなか捨てたもんじゃないんです。
 月にワン・ショットで依頼を受けている不忍池の蓮を写したカレンダー。満開の桜で勝負するか、それとも散りゆく桜をテーマにするか、悩んだ末に選んだのは満開の桜(以前のブログに掲載済み)。クライアントは、やはり桜の季節はカレンダーには2回はないから、せっかくなら散る桜より満開を選ぶのが世のセオリー。
 しかし~僕が好きな風景写真は、とてもノスタルジックかセンチメンタルを感じるもの。この写真では、過ぎゆく季節(センチメンタル)を左端にポジション取りしたゆりかもめで表現してみたが…クライアントには満開の桜の方が響いたようだ。
 こんな時感じることは、2枚でなく1枚で表現することの難しさ。まだまだ、修行が足りないとつくづく思う今日この頃です。みなさん、一緒に楽しい写真撮りましょう!

過ぎゆく季節に~

(2013年4月2日(火) 6:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元オールナイト・ニッポンDJ!フォトグラファー兼音楽ライターとして活躍

新着記事

 アーティストを撮影する場合、時間との勝負が強いられることが多い。アーティスト写真やジャッケト写真では意外と時間を費やせることが多いが、グラビアや雑誌インタビューでは、長くても1時間、短ければ10分ということもある。それは多忙である人物を短い時間でしか拘束できないからで、その中でベスト・ショッ...

 広角レンズと望遠レンズは、標準ズームをマスターしたら手に入れたいレンズです。旅に行ってのスナップであと少しワイド側が広ければとか、あと少し遠くの被写体が大きく写ればと思ったことありませんか?被写体が画面に入ればそれで一応撮影成功ですが、それだけではなく広角レンズには広角の、望遠レンズには望遠...

 桜を写真に収められる季節は、2週間~3週間(日本全国を周れば2ヶ月間だけど)。御近所で撮影する場合は、蕾を入れると1か月以上あるけれど、やっぱり満開が一般的にはフォトジェニック。だけど、散りゆく桜もなかなか捨てたもんじゃないんです。  月にワン・ショットで依頼を受けている不忍池の蓮を写した...

 よく自己紹介などで、プロフィールをお願いします。と言われるが、このプロフィールの意味をご存知だろうか。僕も先輩カメラマンに教わるまで知らなかったのだが、知ってなるほどと感心した。“横顔”という意味で、なぜプロフィールをお願いします~という使われ方をしているのか。それは、自分の経歴など自身が脚...

観測史上、2番目に早い桜開花の情報。実は22日の金曜日の上野公園・不忍池です。カレンダーの撮影(年間を通して上野・不忍池の蓮を撮影)という仕事が、今年の1月からスタートしています。1月、2月は“死に色”と言い通常印刷などには使えないアンダーな色なのですが、三月中旬になってやっと草木が息を吹き返...

ブログ記事 ページ先頭へ