全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 ヒロ写真講座 スクールブログ 桜満開!春を待...

桜満開!春を待ってた昆虫か?

今年は、もう桜が満開ですね。
卒業、転勤、引っ越しなど新しくスタートされる方も多いと思います。
私も、趣味であるバイクのイベントACTSがスタートしました。

春を待ち望んだ昆虫のように
何処からともなく湧き出てきた感じフリークが大勢来場!

皆さんは、動きのある被写体を撮影する時、どうしますか?
速いシャッタースピードを選んでの撮影しますか?
動きを止めて確実に写しとめることができ、
人間の目では見れない別世界を見ることができますね。

そこでスポーツ写真ではどうでしょうか?

対象物に近づけない為、望遠レンズを選びます。
手ぶれの心配も多くなりますので、初めは速いシャッタースピードを選びます。
後は、ひたすらファインダーの画面に集中し、撮影します。
ここで、対象物がフレームに収まってくれればいいのですが、
これが、意外と難しい。

望遠レンズを使うことにより一瞬のうちにフレームから外れてしまう。

フレームに収めるには、対象物を追いかけながら撮影してみてください。
これに慣れたら、シャッタースピードを1段落として撮影してみましょう
速いシャッターと遅いシャッタースピードの違いを確認してみて下さい。
「流し撮り」の基礎練習です。

昨日は、より、躍動感を表現するために広角レンズを使い、
被写体に近づき1/40で撮影しました。

動くものは色々あります、
被写体に合った躍動感を表現できるシャッタースピードを見つけてください。


桜満開!春を待ってた昆虫か?

(2013年3月25日(月) 15:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

円谷プロ出身。建築~映画のスチール・バイク雑誌まで経験豊富な先生

ブログ記事 ページ先頭へ