全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室神奈川 ゆかいなカメラ講座 スクールブログ 露出計の重要性

露出計の重要性

あまり専門的にブログを書くのは好きじゃないのですが・・・
やはり・・・ 大事なことはまじめに書きましょうか~(*^^)v

写真撮影で、最も大事なことは・・・
そう! 『露出』ですね~

どんなカメラで撮影しても、『露出』を理解してなかったら 思うような写真は
撮れませんね~

でも・・・ 今のカメラは全部 カメラ本体が考えてくれますから
露出なんて知らなくても、そこそこの写真は撮れちゃうから困ったものです(-_-;)
困るといっても・・・ カメラの性能ではありません・・・
露出がわからないままカメラを扱ってるってことが困ったことなのです^_^;

ここで・・・ ちょっと私のブログに付き合ってくださいな^^
ちょっと上を目指したい人は・・・ 必読ですよ~


【露出計の重要性】
 優れた作品制作の基本は、被写体の持つ明るさ・色彩・階調表現を美しく表現させることにあります。
それには豊富な経験や勘も必要ですが・・・ 加えて、アカデミックにデータを集積した『露出計』は欠かせないのです。

 この露出計を巧みに駆使することが、優れた作品を製作するコツとも言えるでしょうね!
そのためには、露出計の性格と役割、測光方法などを正しく知ることが不可欠なのです。
そこにプラスされて、撮影者の表現イメージを確立していくと、自在な露出コントロールがかのうになり、より優れた作品製作を得ることができるのです。




AFカメラの性能にまかせっきりで、カメラの性能を活かせていない人は多いのです・・・
一眼レフを買ったんだけど・・・ 思うように撮れない・・・って方は・・・
まず、私と一緒にカメラを撮りながら学んでみませんか?

 良いカメラ、悪いカメラなんて、この世にはありません。(^。^)
みんな基本は一緒なんですから(^^♪ 

 

(2013年3月19日(火) 19:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文化財・工芸品の撮影を中心に活躍中。学芸員ならではのノウハウも伝授

ブログ記事 ページ先頭へ