サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真講座 スクールブログ しっとりとした...

しっとりとした花を撮るには曇りの日

先週末、午後から曇ってきたので、これは梅撮りにはいい天気と思い近くの公園へ行ってきました。

晴天時は光が強いので影ができます。
影を活かしてと言うのならば絶好の光ですが、しっとりとした花を撮るにはコントラストが強すぎます。
可愛い、綺麗や可憐などと言う印象の写真は、光は柔らかい光の方がいいんです。
それには、晴天より曇りの方がソフトな光になります。

曇りの日の光は、花全体に満遍なく光が回ります。

マジックアワーの光が最も美しいと言われるのもその事からです。
(マジックアワーは太陽が沈んでから、だいたい30~40分ぐらいまでの時間を言うそうです)

しっとりとした花を撮るには曇りの日

(2013年3月5日(火) 11:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

東京タワーアートアワードなど、受賞歴多数。思い出写真を、もっと綺麗に

小さな写真講座
田中和則 (カメラ)

赤羽・蕨・西川口・川口

ブログ記事 ページ先頭へ