全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室岡山 あなたの長所を生かすカメラの使い方 スクールブログ より速く学び成...

より速く学び成長する人

専門家とは「非常に狭い範囲で,生じうる間違いのすべてを経験した人」
 (by 物理学者ニールス・ボーア)
これは分かりやすく言えば
「何かに詳しい人って,その分野でいろんな失敗を経験してきた人」と言えるでしょう。
そして,失敗を経験してる数が多い人ほど,その人は詳しい!ということになります。

実際,人は誰でも何度も失敗します。例外なんかありません。

問題は,その失敗にどう反応するかです。しかも,たったの2通りです:(あえて顔文字で…)

(1) (-_-;)...( ゜-゜)ノ⌒*ポイッ

(2) (。・_・。 ))(( 。・_・。)?

(1) は,失敗を,単なる恥と考え,なかったことにして,すぐに捨てます。(全く見ようとしない。)

(2) は,なぜ失敗したのか?理由を探り何かを学ぼうとします。
  自分が次のステップへ成長するために必要な機会と考えるのです。

「試してみたら失敗した。それがどうしたというのだ。もう一度試せ。
 もう一度失敗し、よりよく失敗するのだ。」(フランスの劇作家サミュエル・ベケット)
    という言葉もあります。

カメラ・写真でも,うまく行かないこと・失敗を恐れる必要は全然ありません。
むしろ,失敗なんか気にせずにバシバシ挑戦する人が予想外に伸びて来ます。
逆に失敗を恐れる人は,場数を踏むことも恐れ,経験が少ないため余計失敗が多くなります。
  (しかもなぜか「ココ一番の本番」の時に限って失敗する傾向がある。)
     落ち込んで余計恐れ…まさに悪循環です。

極端な話,100枚撮ってたった1枚イイのが撮れたら「ヤッタネ!自慢しな!」と私は言います。
一見「ムダが多いじゃん・率低いじゃん」と思いがちですが,意外や意外こういう人がイイ写真率上げてくるんです。

失敗をどんどんして,その都度何かを学び気付いていけば,人は必ず成長します。
  どの分野でも言えることですけどね・・・・・
(かく言う私も,当てはめないといけないので,自戒の意味も込めて…( ̄∀ ̄;)ゞ)

 

(2013年2月28日(木) 14:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一眼レフ~3D立体撮影までおまかせ!30年のノウハウをあなたに

ブログ記事 ページ先頭へ