全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 デジタルカメラすくーる スクールブログ 写真を撮ってい...

写真を撮っていますか?撮らされていますか?

大学の同期が、彼の仕事の都合で事務所にやって来た。
とある事柄をチェックに来ただけなので、
その仕事はすぐに終わりました。

彼の仕事が終わったところで
こちらも仕事の手を止めて、しばし雑談。

最近、大学の後輩達の卒業展に行ったそうです。
そこで彼の感想
「これは、と思って足を止める作品が無かった」と

そこで考えました。

今のカメラは、あまりに便利になってしまって
カメラの基礎的な技術を知らなくても撮れてしまうから、
そこがいけないのではないか?


僕らが学生の頃、もちろんオート露出はあったけど
オートフォーカスは、コンパクトカメラくらいしか無かったし
そもそもカメラの技術的な事を知らないと
上手く撮る事が出来なかった。
だから、真剣に写真と向き合っていた。

今の人が真剣でないとはいいませんが、
技術を知ってそれを制覇してこそ
思い通りの写真を撮れるのでは?


美術大学で絵画のコースで
描く事ばかりの講義でいいのか?
絵の具を科学的に分析出来る講義も無いと
古典の名作の修復が出来なくなってしまう、と


今は、もしかしたら

カメラマンが写真を撮っているのではなく
カメラがうまいこと撮ってくれるから、カメラマンが
カメラに写真を撮らされているのではないか?



みなさん、写真を撮っていますか?
それとも、写真を撮らされていますか?

ちょっと哲学的になってしまいましたね。
失礼しました。

 

(2013年2月28日(木) 0:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブ写真~報道系まで担当。新型ストロボの開発にも携わるスペシャリスト

デジタルカメラすくーる
吉澤士郎 (カメラ)

吉祥寺・大泉学園・広尾・白金高輪

ブログ記事 ページ先頭へ