全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室奈良 感性で撮る!写真講座 スクールブログ 暖かみはフィル...

暖かみはフィルムで!

寒い日が続いていますね。
みなさん風邪などひいていないでしょうか?

こんな冬の寒い日には暖かなイメージの写真を
撮りたいものですね。

例えば蛍光灯よりは、
白熱灯のともる室内を…。

その部屋にキャンドルの炎が
揺れていれば最高ですね。

以前北欧の取材旅行をした時ですが、
向こうは日本より随分緯度が高いですから、
冬場は朝9時でも薄暗いんです。

夜行列車でターミナルに着いて、
朝食をとろうと駅にある何でもないカフェに
入ったのですが、各々のテーブルや
カウンターや花飾りの台、それこそ
いたる所に
キャンドルが灯されていたんです。

これには感動しました。
と言いますか、すごーく暖かな気持ちに
させてくれたんですね。

寒くてクラーいイメージの北欧の冬?
それをあかいキャンドルの炎が
ぽット!揺れているだけで、
心をホットにしてくれたんですね。

北欧の人々はさすが冬場の
生活の楽しみ方
乗り切り方を知っていますね。

で、今日の写真は北欧ではありませんが、
ウイーンのカフェやホテルを取材したときのもの、

今はデジタルカメラで仕事をする事が大半ですが、
この時はフィルムでの撮影でした。

そして、デジタルカメラがどんどん進歩する中でも
温かみを表現するのは、
まだまだフィルムの方に軍配があがる
ある部分もありますね!(好みの問題ですが)

なんて言うか、
暖かなカフェオレを飲むような
濃厚な色味…?(よくわかんない表現ですね)
コッテリとした色乗りとでも言いますか(笑)

この写真、本当に寒い日だったのですが、
フィルム独特の暖かさが感じられませんか?
なんだか無理矢理話を終わろうとしていますが…。

たまにはフィルムカメラを
引っ張り出して
冬の街を歩くのもいいですね。

それでは、また。




暖かみはフィルムで!暖かみはフィルムで!暖かみはフィルムで!

(2013年2月25日(月) 18:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌・女性誌・猫雑誌で活躍。あなたの写真をより美しく、より感動的に

感性で撮る!写真講座
ホリウチアキヒコ (カメラ)

京都・天王寺・鶴橋・難波・大和西大寺・生駒・学園前・奈良・高の原

ブログ記事 ページ先頭へ