全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 ビギナーズフォトレクチャーOHARA スクールブログ アニー・リーボ...

アニー・リーボヴィッツの記憶

昔の記憶をダブらせてシャッターを押す。

初めて見た!と無心にシャッターを押す

撮影の衝動は様々です。

写真を鑑賞する側にとっても印象の坩堝と言えます。

ただ、名作(無名でも)とされるものには何か一貫した説得力があります。理解力に左右されない共通する刺激と言うのか・・・

意外にも現実でしょうか。芸術性と日常は背中合わせで、コントラストが人々の心を動かしているようです。

たとえばアニー・リーボヴィッツ撮影のジョン&ヨーコとか・・・

いつもシニカルなジョンが裸でヨーコに・・・の写真です。
一見、滑稽に思えるのですが、二人の関係が空気を通して感じられる作品です。

この作品はジョンが殺害される数時間前に撮られたもので、ジョン・レノンの最後の撮影となりました。
最初に写真を観た時は、暗殺の前と言う前張りはありませんでした。
経緯を知って、更に鮮烈な印象に変わった事を憶えています。
皮肉にもローリングストーン誌の追悼号ということで、販売も好調で、とても有名になった表紙写真です。

私はジョンレノンに傾倒した訳ではありませんが、ファンは音楽や写真に気持ちを投影しているようでした。一枚の写真に思い出が渦巻いていた感じです。

平和な世界であって欲しいと常々思います。
「簡単にはそうはならない」と写真はクールに答えます。
幸福なことも、残酷なことも正直で鮮烈に答えるのが写真なのでしょうか。

追伸 仮に私がこの写真と同じ事をしたら違うモノになったでしょうね(笑)


















 

(2013年2月17日(日) 15:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

男性誌の巻頭写真を担当!心を揺さぶる写真、その第一歩をレクチャー

ビギナーズフォトレクチャーOHARA
小原滋 (カメラ)

府中・中河原・聖蹟桜ヶ丘・若葉台・京王永山・京王多摩センター

ブログ記事 ページ先頭へ