全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室愛知 フォト力アップ講座 スクールブログ 女性を撮るとい...

女性を撮るということ

仕事柄、プロのモデルさんを撮影することがあるのですが、プライベートでは作品作りであってもプロのモデルさんを撮影することはあまりないです。
素人さんやモデルさんの卵やアマチュアの方をよく撮影します。

モデルさんとの撮影はとても楽です。
欲しいポーズや表情をとてもよく理解してくれるからです。
そして自分のよく見える角度や表情を知っています。
ある意味撮影中は一体感をすぐに得られます。
でもなぜか物足りない感じになることがあるんです。

僕が素人さんを撮影する理由は2つあります。


1つ目、素人さんの撮影は難しいことがあります。
まず緊張を解いたり、恥ずかしがってたりするから
なかなかイイ表情は出てこないです。
ポージングもぎこちないです。
でもコミュニケーションを取っていく内に
繋がる瞬間があるんです。
シャッターを切ってく内に、お互い深く入り込む瞬間があるんです。
多分僕が素人さんを撮影する理由はここにあるんだと思います。
苦労して目覚める瞬間がきっと嬉しいんだと思うんです。

もう1つは、その女性の魅力的な部分を探し出すことが好きだからです。
素人さんは自分の本当の良さや、客観的にどこに魅力を感じるかに気付いてない
ことが多いです。
僕が女性を撮る時に大事にしていることがあります。
「見た目と同じに撮らない」です。
ライトやレフ板、ポージングなどなど駆使して、新たな魅力を引き出して、
発見してもらうことに嬉しさを感じるんです。

顔や容姿が整っていればモデル、ではないんです。
魅力的な雰囲気で感動させれればモデル、だと思います。
その他色んな要素はあると思いますが・・・

女性を撮るということ女性を撮るということ

(2013年2月15日(金) 22:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

写真館入社後、実務10年以上。講師としてプロカメラマン養成実績多数!

フォト力アップ講座
藤原明仁 (カメラ)

勝川・春日井(JR)・神領・高蔵寺・尾張一宮・犬山・小牧口・小牧・藤が丘・一社

ブログ記事 ページ先頭へ