サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 ビギナーズフォトレクチャーOHARA スクールブログ 1灯は自然光の...

1灯は自然光の影武者

撮影での主役は光です。
どんなに魅力的な被写体でも、高性能カメラを使用しても光(日差しやライト)がなければ何も写りません。
そして、もう一人の主役は撮影者本人です。
駆られる衝動や想像させる経験がなければ何も生まれることはありません。

そこで、今回はキレイと思う感情の出所を考えてみました。

先輩がよく言ってました。「なんだかんだ1灯はいいね」と
先輩は多灯の権化で、トップライトだけで6灯も入れるような人です。入れるには入れるだけの理由もある筈で・・・・アバンギャルドな先輩が言うのです。
それは太陽(1灯)のことを言っているのです。
太陽は偉大で、俺が20灯使っても太陽のようなアーティストにはなれないと・・・・
朝起きると、平凡だけど素晴らしい光がそこにある。
カーテンを透過し反射した光は様々な物を浮き上がらせる。
それが人であったり、山や海だったり。組み合わせは無限だ。
俺たちはそれを人工的かつ演出しようとしていると・・・
それが楽しいと思うこともあるし、空しく思える時もある。
でも自然光でも人工光でもきっと感動させることは出来る。
それがカメラマンだと・・・(少々熱スギ・・・ハハ)
たとえば商品撮りは、説明的要素も無視できない為に多灯しがちです。只、際立ちを失ってしまう事も多く、1灯バウンスに戻してしまう事がよくあります。
1灯は記憶に忠実な臨場感を再現してくれます。
プレゼンスがとても重要なんです・・・
ライティングに迷ったら1灯に戻すのが賢明ですね。

今回はモデリングダイヤルが壊れたジェネレーターを紹介します。色々な場所やスタジオで奮闘してくれました。5年前にリタイヤしたきりそのままです。撮影前の記憶はこんな感じですかね。ハンディストロボ天井バウンス(1灯)です。少しフローリング色を拾いモデリングを灯している状態ですね。
 
追伸
自然と言えば、函館の夜景(多灯?)もキレイですね(笑)






1灯は自然光の影武者

(2013年2月3日(日) 14:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

男性誌の巻頭写真を担当!心を揺さぶる写真、その第一歩をレクチャー

新着記事

写真は技術だけで撮るなと言いますが・・・ それはそうなんです・・・ 撮影技術を習得すればするほど何かが足りない。 技術の副産物は何か嘘があるようで違和感を覚えるものです。 説明的になればなるほど、写真の意図は伝わってきませんよね。 何かが隠くされた写真は観る側に想像の余地...

僕はハウススタジオをよく使います。 ハウススタジオとは、日常を感じられる写真を撮る為のスペースです。(大抵は家具付です) 「何もそんなスペースを借りなくてもいいのでは?」「民家を使えばいい」と思ってしまいますよね。プライベート撮影であれば尚更の事でしょう。 ただ、コンセプトが明確...

昔の記憶をダブらせてシャッターを押す。 初めて見た!と無心にシャッターを押す 撮影の衝動は様々です。 写真を鑑賞する側にとっても印象の坩堝と言えます。 ただ、名作(無名でも)とされるものには何か一貫した説得力があります。理解力に左右されない共通する刺激と言うのか・・・ ...

前回は美しさを感じる出所(自然光)を書きました。 今回はアングルについて書いてみます。 「私は広角レンズが好きです。」と言う人が私の周りにも少なくありません。 広角レンズは肉眼で表現できない開放感や歪みの面白さを生み出してくれるユニークなレンズです。 何でも中にい取り込んでくれ...

遂にPILが来日 ファンならギグに行きたいですね~! ネットでもジョン・ライドンの写真はよく見かけます。   年はとっても相変わらずのエキセントリックぶり。 眼が・・・です。 写真の出所・・・ ポール・ハートフィールドの世界を覗いてみて下さい。 目線に何か言いたげな...

ブログ記事 ページ先頭へ