サイタ趣味の習い事カメラ教室大阪 感動を見つける写真教室 スクールブログ ガリバーのあし...

ガリバーのあしあと

 被写体を見つけるコツの1つに連想力も必要です。下調べの段階から、連想=タイトルを決めておけば、撮るときにスムーズに入れます。

 私はこの写真のタイトルを「ガリバーのあしあと」としました。

ガリバーのあしあと

(2013年1月10日(木) 22:02)

前の記事

次の記事

新着記事

写真はビデオと違い動きが撮れない   とんでもない間違いです。 写真でも撮り方次第で可能です。私から言わせれば動きが無いために、却って印象に残ります。 あっと驚く写真を撮れると、嬉しいものですよ。

写真を撮っていると想像力が養われます。私のような年齢になると、考え方が固定化してしまい、細胞分裂しません。 でもタイトルつける時は色々考えて自分の頭の柔軟さが問われる時です。 添付の写真を見て、ニューヨークの摩天楼の夜景が浮かびました。

夜も被写体を捜しましょう。 静寂がアートになります

皆さんはこのグラスで どんなお酒を楽しみますか?

私は ずぼら して自宅の中から 暑さ を捜しました

ブログ記事 ページ先頭へ