全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室大阪 感性で撮る!写真講座 スクールブログ 禅の道は、写真...

禅の道は、写真の道?

昨日は、昨年に続きある禅寺の初釜の撮影に行ってきました。
初釜というのは年初めのお茶会のことで、たくさんの着飾った
方々がお寺に集まっていらっしゃり、新年らしい清々しい空気
を作っていました。

このお寺は、茅葺き作りの書院に座ると大和盆地を借景にお庭
をゆくりと見せて頂けるつくりになっています。

天候や季節、朝や夕の光によっても庭は表情を変え、飽きる事
はありません。

禅寺の庭園美というものは、無駄を極限まで省いた美しさなの
でしょうけれど、シンプルで力強く、繊細で美しい…一見矛盾
するような数多くのベクトルが一体となり美を奏でているんで
すよね。これって何かすごいですよね! 見習いたいです。
いつか、自分の作品作りにも取り入れてみたいなあ…。

なんて、考えたりしていました。(笑)

でも、お庭は三次元の世界だけれど、写真は二次元の平面での
世界。平面世界で様々な美しさや立体感、難しいけれど時間の
移ろいまで表現したいのだから、どっちが大変なんだろうな?

少し暖まった縁側に腰掛けているうちに、気持ち良くなり始め
ウトウトしながらも…、

きっと、作品つくりまでの過程や思いや気持ちの深さが大事な
んだだよな、なんて思ったりして。
どっちが大変とか、素晴らしいとか、偉大だとか考えること自体
が愚かな事のように思えてきました。(笑)

これも、禅寺に座らせて頂いたお陰ですかね…。

という事で、構図はシンプルに美しさを引き立てることを考え
ましょう!禅寺が教えてくれる写真道のお話でした。

それでは!  ちなみに、画像は昨年のものです。

禅の道は、写真の道?

(2013年1月7日(月) 13:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌・女性誌・猫雑誌で活躍。あなたの写真をより美しく、より感動的に

感性で撮る!写真講座
ホリウチアキヒコ (カメラ)

京都・天王寺・祝園・鶴橋・難波・近鉄日本橋・大阪上本町・大和西大寺・生駒・学園前・奈...

ブログ記事 ページ先頭へ