全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 日常をステキに撮ろう! スクールブログ 感度1600

感度1600

ディキシーダイナーのパンケーキって大好き!!
分厚くてふかふかでクリーム&トッピングが山盛り!
以前はもっと大きいサイズだったけど、食べきれない人続出で
今はひとまわり小さくなってしまいました。。(それでも大きめだけどね)

ディキシーダイナーは渋谷や恵比寿だけでなく、
練馬にも(なぜか?)あるんですっ!
練馬店は地下にあって、照明もそれほど明るくありません。
写真撮りたいけど手ぶれするし・・・お店だからフラッシュはちょっと・・・
というときは、ISO感度の数値を上げてみましょう!

添付の塩キャラメルモンブランパンケーキは、ISO感度1600で撮りました!
フィルムカメラを使っていたときは、感度400のフィルムをよく使っていたので
1600って画質大丈夫かなぁ、と不安で
なかなか800以上にするのをためらっていました。

感度を上げると暗い部分がざらざらした感じになるし(グリーンやオレンジの偽色が入ります)
階調も損なわれて(グラデーションの幅があまり表現されなくなって)
立体感が乏しくなってしまいます。

でも最近はその辺の技術革新がどんどん進んでいます。
1600以上でも比較的きれいな画質で撮ることができるので、
とりあえず撮ってみましょう!

う~ん、やっぱり立体感の表現はちょっといまいちかなぁ??
ホントはもっとこう、マロンクリームの迫力が・・・
手ぶれして撮れないよりは全然いいか!

感度1600

(2012年12月21日(金) 12:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

東京学芸大卒!料理撮影のお仕事もした先生と日常の1コマを素敵に撮る

ブログ記事 ページ先頭へ