サイタ趣味の習い事カメラ教室奈良 感性で撮る!写真講座 スクールブログ 伝統行事を撮る...

伝統行事を撮るのは、勉強になる?

こんにちは、
この4日間、お祭りの撮影でブログの方、
ご無沙汰していました。
で、今日はそのお祭りの事書いてみますね。

奈良や京都はお祭りや伝統行事が多いのですが、
特に奈良には、1000年以上も途切れずにずうっーと
続いてる行事もあるんですよね。

今回撮影に行ってきたのは、
「春日若宮 おん祭」と言って、
やはり900年近く一度も途切れずに
行われているお祭りなんですよ。

どうしてこのお祭りの事書くかって言うと、
このお祭りを撮影出来るようになれば、
街や旅先で出くわす撮影ジャンルをほとんど
こなせるようになると思うからです!(笑)

このお祭り、4日間に渡り
昼間から夜中まで
あらゆるシチュエーション、時間帯で、
様々な形態のお祭りが行われますから、
撮影する方は、本当に大変です。

フルスピードで駆け抜ける馬達。(競馬)
激しいぶつかり合う迫力の相撲。
雅な装いの巫女舞(巫女神楽)に
力強くも勇ましい舞楽奉納。
見ているだけで楽しくなってしまう、お渡り式に
芸能の原点に出逢える、田楽や猿楽(お能)
等々、数え出せばきりがありませんヨ。

これらを、強い光の中や曇り空の下で…と言った具合に
刻々と光の状態は変わります。
夕刻の繊細な光を表現するのは風景写真に役立ちそうだけど、
真夜中の薄明かりの中での撮影は大変だ!
おまけに今年は、
大雨の中でも撮らなければなりませんでした(泣)。

でもだからこそ、勉強になるんですよ。
今年で4度目の撮影でしたが、(それぞれに違う媒体での仕事)
毎年が試行錯誤ですね。
試行錯誤(勉強)の連続の中で、
仕事としてもこなしていくのです。
プロとして撮影していてる私ですが、
それでも毎日が発見の連続なんです!

是非、みなさんも
「おん祭り」挑戦してみて下さいね。
けっこう楽しみながら(これが肝心)、
勉強出来て腕も上がると思いますよ!

どこかでお会い出来るかもしれませんね。






伝統行事を撮るのは、勉強になる?伝統行事を撮るのは、勉強になる?伝統行事を撮るのは、勉強になる?

(2012年12月19日(水) 19:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌・女性誌・猫雑誌で活躍。あなたの写真をより美しく、より感動的に

新着記事

随分、ブログ更新していませんでしたね。 いつも見にきて下さっている方々すみませんでした。 そして、皆様にご連絡です。 大阪と奈良でのレッスンですが、 秋までお休みに致します。 毎年の事なのですが、夏場は長期にわたり関西を離れることが多く レッスンを入れられる日が非常に少...

2月下旬から 東大寺「お水取り」の前行が始まり、 3月15日の本行の終わりまで、 ほぼ一ヶ月間、毎日東大寺に撮影に通いました。 これは数年ずっと続けている事で、 「お水取りの」を通して 撮影するだけでなく、 様々な日本文化のルーツを探ろう、 勉強しようと思っています。 ...

寒い日が続いていますね。 みなさん風邪などひいていないでしょうか? こんな冬の寒い日には暖かなイメージの写真を 撮りたいものですね。 例えば蛍光灯よりは、 白熱灯のともる室内を…。 その部屋にキャンドルの炎が 揺れていれば最高ですね。 以前北欧の取材旅行をした時...

しばらく更新が出来ませんでした。 ごめんなさい! でも、その間に色々と撮影、取材に行ってきましたよ。 京都の老舗工房の撮影取材や 大雪の中での北陸地方、神社やお寺の撮影もありました。 そして、ここ数日は奈良の矢田寺さんでの取材に行っています。 さて、いつも歩き慣れた道や場所...

寒い日が続いていますから、 街歩きをしていても すぐにカフェで休憩したくなりますね。 そんな時は、おしゃれな雑貨を置いてるカフェや レトロな空気の渋い珈琲店を選べば、 暖まりながら、作品も撮れちゃうかもしれませんね。 私の場合は、 まず、きれいな光が入っている テーブル...

ブログ記事 ページ先頭へ