全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 MNPデジカメ活用講座 スクールブログ 湯河原幕山 幕...

湯河原幕山 幕岩での岩トレ

来年、北アルプスの高峰を目指す方々のステップアッププランのために、湯河原の幕山梅林公園にある岩場で、岩登りトレーニングを行いました。

こういう現場に、大型のカメラを持ち込むのは難しいですが、マイクロフォーサーズのデジタル一眼なら充分行けます。

この日は、雨上がり後の快晴で陽射しが強く、どうしてもコントラストが強めになってしまい、暗いところは黒潰れ、それを補うために暗部に露出を合わせると白飛びということになってしまいます。

それを、撮影現場の雰囲気として受容し、逆に画作りに利用することももちろん有りですが、記録として残したい場合や、人物の表情を生かしたい場合には、ちょっと考えてしまいます。

その場合、いくつかの方法があります。
ひとつは、記録フォーマットにRAWを選択し、パソコンなどでシャドウ調整を行った上でjpeg現像を行う方法。
もうひとつは、最新のカメラやタブレットに見られるようになったHDR機能を使うことです。

HDR機能は、露出の異なる写真を複数枚撮影し、それをデジタル合成して1枚の写真にする手法です。
この機能を使用した写真は、明部と暗部のデティールが描写された独特の画になります。

人の目は、瞬時に露出調整を行い、それを連続した画像として脳に伝えるので、HDRで撮影したこの独特の画の方が、見た目に近い印象に感じる方も多いかもしれません。

いずれにしても「写真で遊ぶ」という感覚を持って、色々な手法を試してみることが、上達への第一歩ではないでしょうか。

今回の写真の写真集です。
http://www.nyg-mito.com/makuiwa01.html

湯河原幕山 幕岩での岩トレ湯河原幕山 幕岩での岩トレ湯河原幕山 幕岩での岩トレ

(2012年12月6日(木) 18:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

山岳写真の現場レッスンは大好評。映像事務所主催なので動画の相談もOK

MNPデジカメ活用講座
志村薫 (カメラ)

分倍河原・谷保・西国分寺・橋本・西八王子・高尾・国立・西調布・飛田給・聖蹟桜ヶ丘・高...

ブログ記事 ページ先頭へ