サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 まわりフォトタイム スクールブログ ピントは,自分...

ピントは,自分の意志で決める。

デジタルカメラのオートフォーカスは,とても便利です。
とりあえず,被写体にカメラを向けて,シャッターボタンを半押しすれば,焦点(ピント)を合わせてくれます。

でも,その焦点は,本当に,自分が合わせたいところに合っていますか?
もしかしたら,自分の視点は,もうちょっと前だったり,後ろだったりしませんか?

カメラを買ったままの状態だと,オートフォーカス(AF)のモードが,「マルチAF」(オートエリアAF)という項目に設定されているままかもしれません。これは,カメラが,被写体と焦点を,適当に「これではないですか?」と選んでくれるモードです。漠然と離れたところの風景を撮影するのであればマルチAFでも十分活躍してくれます。

カメラが選んでくれたターゲットが,自分の視点と同じなら構わないのですが,もし自分の意図するモノと違うのであれば,AFのモードを「スポットAF」(シングルポイントAF)に切り替えて設定してみてはいかがでしょう?

この「スポットAF」のモードであれば,自分がピントを合わせたい被写体の主題を反映させた写真が撮れるようになります。

下の写真の左は,手前の緑のカボチャにピントを合わせたもので,右の写真は,奥のオレンジのカボチャにピントを合わせたものです。どちらを浮き上がらせるかを変えると,見えてくるものも,ちょっと変わってきます。

「スポットAF」のモードは,ピントを合わせたポイントの前後をぼかしたい時などにも有効で,なによりも,自分の意志が写真に強く現れるようになります。

自分の撮りたい写真,自分が見せたい写真に,これで,きっと一歩近づくはず。

「スポットAF」,一度,お試しを。

ピントは,自分の意志で決める。ピントは,自分の意志で決める。

(2012年11月3日(土) 16:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

趣味からのスタートで書籍・イベントなど多数掲載。HPで映える編集法も伝授

新着記事

株式会社Impress Watchが運営するカメラ・写真系ニュースサイト「デジカメWatch」で,不定期ですが,デジタルカメラ「RICOH GR」の長期レポートを始めました。 リコーGR【第1回】 ブロガー目線で試す“新生スナップシューター” http://dc.watch.imp...

デジタルカメラには,その場に照らされたライトや光の「色味」を自動的に判断して,写真全体の色を適切に,あるいは自然に見えるように調整してくれる「オートホワイトバランス」という機能がついています。 「オートホワイトバランス」は,白熱電球や蛍光灯,太陽光などが光源の場合は,比較的撮影者の意図す...

デジタルカメラのオートフォーカスは,とても便利です。 とりあえず,被写体にカメラを向けて,シャッターボタンを半押しすれば,焦点(ピント)を合わせてくれます。 でも,その焦点は,本当に,自分が合わせたいところに合っていますか? もしかしたら,自分の視点は,もうちょっと前だったり,後ろだ...

「カメラを使いこなす」 どういう状態なら,使いこなせているといえるでしょうか? 写真が上達していくのは,大きくわけて,3つのステージがあると思います。 1.ありのままに撮る ことは,それほど難しいことではありません。 最近のカメラはかなりお利口さんなので,オートでもなんとかな...

プロの写真家の撮影するところを見たことがある方はご存知かもしれませんが,写真撮影に慣れた人は,ひとつの被写体に対して,1枚だけの撮影で終わることは,まずありません。 角度を変え,構図を変え,光を変え,その被写体の魅力が引き出せるポイントを探しながら,たくさん撮ります。 条件を変えずにも...

ブログ記事 ページ先頭へ