サイタ趣味の習い事カメラ教室岡山 あなたの長所を生かすカメラの使い方 スクールブログ 写真を撮る価値

写真を撮る価値

人によって違います。でも大別すると次の3種でしょう:
家族や旅行等の「記録」、自分の感性を表現する芸術的「作品」、お金を得るための「手段」。
どれもない人は写真を撮りません。
(ちなみに、写真を撮らないからといって何も悪いことではありません。)

最も一般的なのは「記録」ですね。

さて、どんな分野にも当てはまる、自分を刺激する一つの方法ですが、
  その技術・道具がなかった時代に身を置いて想像してみると、
  今あるものの価値を再認識し、すごく新鮮に見えるようになります。
    (「原点に立ち返る」「初心にかえる」と似ている。)
実際にちょっと考えてみましょう。

家族でも旅行でも、目で見たものを「記録」する手段として写真が出始めた頃、
決して一般人は手を出せるものではありませんでした。
  1枚撮るだけでも(今でいう)万単位のお金が必要で、撮影中はしばらく動けない、持ち運べない・・・

白黒写真が当たり前になった時代、カラー写真というのが衝撃的でした。
  なにせ、見た時と同じような色が再現されるのですから!
  ただし、…高い。
だから、特別な時だけカラーフィルム、普通の時は白黒という使い分けを(一般家庭は)しました。

そして、フィルム時代の大きな宿命…
  それは現像処理するまで出来が全くわからない!
  最悪、(お金払って現像してもらっても)フィルム1本丸ごとダメだったことさえありました。

・・・・・今。・・・・・

カラー、撮影は瞬時、失敗なんか気にせず撮りまくれる、
写り具合をその場でチェックしダメなら消去、持ち運び自由自在・・・
  こうしたことのどれ一つ、何か特別なことのように取り上げられることはもう決してありません。

さて、立ち止まって考えてみてください。もし、これらがなかったら・・・たとえば:
  カラーで撮れるのはまれ、撮影には10秒かかる、
  専門家の写真屋さんに頼んで戻ってくるまで出来が全くわからない、持ち運びは車でないと無理・・・などなど。

ところが、時代は変わってるのに、写真の本質の「価値」は全く変わっていないのです!
だったら、(昔に比べれば)こんなに気軽に撮れるようになったカメラを使わない手はありません。
私たちは現代、恐るべき(?!)夢のような道具を手にしていることに気付きます。

ちょっと立ち止まってこういうことを考えてみると、
新たな気持ちで踏み出す助けになります。

 

(2012年10月19日(金) 14:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一眼レフ~3D立体撮影までおまかせ!30年のノウハウをあなたに

新着記事

赤の階調(暗い所から明るい所までの描写)はデジタルが苦手です。 ゆえにそれを踏まえて撮る必要があります。 描写できる階調の幅がかなり狭いのです。 実例をご覧下さい。 まぶしくて直視できないほど輝く(←冗談でなくホントに), 真っ赤なバラを見つけたので撮ったものです。 カメラが自...

紫色がカメラによって変わる-その対処法の一つは「ホワイトバランスの調整」です。 が,それで万事OKとは限らない例を紹介します。 (1)コンパクトデジカメ,オート (2)コンパクトデジカメ,ホワイトバランスをその場で調整 (3)一眼システム,オート の3パターンを並べて1枚にした写真で...

コンパクト,一眼システムで違いが出た「紫」の例を載せます。 実際の見た目は一眼システムの色合いが正解であり,見たまんまが見事に再現されています。 先回のブログで触れたように,「紫」の再現はひじょ~に難しく,撮ってみなければ分かりません。 (その複雑な仕組みをサラリと先回触れました。難しい...

今回はちょっと危険な領域に触れます。 難しさゆえに語られることさえあまりない分野-それは「紫色の再現」です。 初耳の人もあれば,経験で感じている人もあるでしょう。 「紫」は実に不思議な色で, 見たまんまにちゃんと写ることもあれば,かなり違った色に写ることもあるのです。 (☆どんな...

写真で最も致命的なのは何?-手ブレ?ピンボケ? (通常のレッスンではその辺に触れますが) より広い観点で言うなら,カメラそのものを持っていないこと!です。 これは度重なる経験から痛感してきたことですが, どんなにイイ場面に遭遇しても,その時にカメラを持っていなければ何もできません。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ