全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室岩手 お散歩写真 スクールブログ 生徒さんの作品...

生徒さんの作品-3

こんにちは

朝晩めっきりと涼しくなってきましたね。
これからどんどん秋も深まり、すぐに紅葉が見頃になってきます。
天気も安定してくるので撮影にはもってこいの季節です。

今日はこのところメキメキと腕が上がってきている
生徒さんの作品、第3弾です。


マクロレンズを使って、逆光でコスモスを撮影してみました。
どちらも花びらの透明感がキレイに表現されています。
左のコスモスは山をシルエットにしているので
まるで山岳地帯のお花畑で撮影したようなイメージになっています。
右のコスモスは空をバックにコスモスをちょうど雲の中に配置したので
さらに透明感が引き立ちました。


かわいらしい写真になりました。
ボケている花がまるでチョウチョのようにも見えます。

引いて撮影すると周囲の余計なものまで画面の中に入ってくるので
狙いを決めたらできるだけその条件に合う花や場所を決めるといいですね。
撮影するポジションは一つだけではありません。


これぞマクロレンズの真骨頂!という写真になりました。
露出をオーバーにしているので
白い花の白さがさらに引き立っています。

このように白いものを白く写したり、黒いものを黒く写すには
「露出補正」が有効です。
お使いのカメラによって操作は異なるのでよく説明書をご覧になってください。

さて、今回の一番はこれ!

白バックで曼珠沙華の蕾を撮影しました。
ボケ味もキレイですし、全体の柔らかいトーンが素晴らしい。

曼珠沙華は咲いてしまうとアップで撮るときは
どこにピントを合わせるか非常に難しいと思います。
そのような時は絞りを絞り込んで花全体にピントがくるようにしてしまう
というのも手ではないかと思います。
ただしその場合はバックのボケ方も小さくなるので
背景には注意してください。


 

(2012年10月13日(土) 18:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広告会社勤務経験。機関車撮影に熱中した先生の夢中になるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ