全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室京都 カメラ写真を楽しむ教室 スクールブログ 写真のボケ方

写真のボケ方

こんな質問をよく受けます。

後ろがぼやけた写真ってどうやって撮るんですか?

と言う質問です。

簡単に言ってしまえば絞りを開放にして撮影すればいいのです。

しかし、レンズの特性、被写体と背景の位置関係が大きく関わってきます。

そこでどんなカメラで、どのような場所で背景にボケが効いた写真を撮りたいのか、という質問をこちらから返すことになります。

グラビアにあるようなボケ味の効いた写真は確かに綺麗です、しかし中望遠から望遠で、開放値が2.8クラスの明るいレンズで、ボケている部分の色の選定(背景の選定)と多くの要素が詰まっているのですから、かななか思い通りにはいかないのが現実ですね。
最近のコンパクトデジカメはカメラの中で背景をぼかす機能を持ったものなどがあるようですが、それはそれで楽しめることでしょう。
しかし、せっかくだったら何故ボケるのかっていう事を勉強してもらうのもいいかと思いますね。
撮りたい写真があるのならまず使うカメラをもっと知りましょう、っていうことです。

 

(2012年5月3日(木) 14:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

自衛隊カメラマンとして16年間活動。バンドの演奏写真や婚礼写真も担当

ブログ記事 ページ先頭へ