全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室長野 超初心者向け写真講座 スクールブログ 夜桜の季節

夜桜の季節

松本城の夜桜を見に行って来ました。
お堀の縁に植えられた桜がライトアップされててとっても綺麗。
でも、写真に取るのは難しいですね。

最初の写真は ISO800 F2.8 1/20 で手持ちです。
二枚目は  ISO100 F22 30S で当然、三脚使用です。
三枚目は   ISO100 F22 10S で三脚使用です。

最近のデジカメは、ISO1600 や 3200 も普通ですから、もう少し早いシャッタースピードで手持ちが出来ますかね。
でも、カメラによってはノイズが気になったり、ピントの絞りが開いているので、ピントの幅が狭くなってしまいますね。

ここは、やはり三脚の登場です。
でも、注意しなけらばならないこともあります。

1.人通りが多いところでは、迷惑にならないようにセッティングに注意を。
2.三脚を使うのは、低いISO感度を使って綺麗な色を再現したいのと、絞り込んでピントを広い範囲で合わせたいから。
そのために遅いシャッタースピードを使うことになるので、風で動きやすいお花のアップはぶれてしまします。遠景で全体を撮りましょう。

ライトアップされた桜は、光のあたっているところと当たっていない所、ライト自体の明かりの差が激しいですから、測光方法も全体を平均的にひろう方法ではなく、狭い範囲をスポっと抜く方法で撮る方が良いでしょう。


夜桜の季節夜桜の季節夜桜の季節

(2012年4月22日(日) 17:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リバーサル・一眼レフでの撮影経験多数。カメラの仕組みの基礎からOK

ブログ記事 ページ先頭へ