サイタ趣味の習い事カメラ教室長野 超初心者向け写真講座 スクールブログ 夜桜の季節

夜桜の季節

松本城の夜桜を見に行って来ました。
お堀の縁に植えられた桜がライトアップされててとっても綺麗。
でも、写真に取るのは難しいですね。

最初の写真は ISO800 F2.8 1/20 で手持ちです。
二枚目は  ISO100 F22 30S で当然、三脚使用です。
三枚目は   ISO100 F22 10S で三脚使用です。

最近のデジカメは、ISO1600 や 3200 も普通ですから、もう少し早いシャッタースピードで手持ちが出来ますかね。
でも、カメラによってはノイズが気になったり、ピントの絞りが開いているので、ピントの幅が狭くなってしまいますね。

ここは、やはり三脚の登場です。
でも、注意しなけらばならないこともあります。

1.人通りが多いところでは、迷惑にならないようにセッティングに注意を。
2.三脚を使うのは、低いISO感度を使って綺麗な色を再現したいのと、絞り込んでピントを広い範囲で合わせたいから。
そのために遅いシャッタースピードを使うことになるので、風で動きやすいお花のアップはぶれてしまします。遠景で全体を撮りましょう。

ライトアップされた桜は、光のあたっているところと当たっていない所、ライト自体の明かりの差が激しいですから、測光方法も全体を平均的にひろう方法ではなく、狭い範囲をスポっと抜く方法で撮る方が良いでしょう。


夜桜の季節夜桜の季節夜桜の季節

(2012年4月22日(日) 17:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リバーサル・一眼レフでの撮影経験多数。カメラの仕組みの基礎からOK

新着記事

それは、その場にいることだ これは、ブレッソンという写真家の言葉らしいのですが、昔CONTAX T2というコンパクトカメラのカタログに載っていたコピーです。 良い機材や条件が揃っていることも大事だけど、その時にカメラを持っているということが最重要なんでしょうね。 写真を撮るぞ...

松本城の夜桜を見に行って来ました。 お堀の縁に植えられた桜がライトアップされててとっても綺麗。 でも、写真に取るのは難しいですね。 最初の写真は ISO800 F2.8 1/20 で手持ちです。 二枚目は  ISO100 F22 30S で当然、三脚使用です。 ...

クリスマスローズは、花が下を向いてしまうので、下から撮影します(当たり前か…)。 A:でも上向きにカメラを構えるのが辛くって… B:でもシャッタースピードを早くすればブレないでしょ。 A:それはそうだけど、ピントがお花全体に合わないんだよね…   お花一つの5mm位の範囲に...

窓際で撮ったお花の写真 何もせずに撮ると、暗い感じの写真になりました 窓に注いでいる光の明るさに影響されて、カメラは全体的に暗い絵にしようとします カメラには光の感じ方(測光方式)を選べる機能があります また、明暗の差がある時に「露出補正」という機能もあります うまく...

胡蝶蘭の写真 設定やアングルを変えて、全部で17カット撮りました これは、ダメダメな写真 背景が写り過ぎて、生活感が写ってしまっている アングルもピントの合わせ方(ボカせ方)も、いろいろ変えて、とにかくたくさん撮ってみましょう

ブログ記事 ページ先頭へ