全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 ヤマトさんの写真教室 スクールブログ みなさんの桜、...

みなさんの桜、暗くなっていませんか??

桜のシーズンもそろそろ終わってしまいますねー

この前咲いたばかりなのに…。桜もせっかちなもんです。

でもそこがいいのかな~




さて、今日はそんな桜の写真に関するお話し◎

桜の開花以降、私の周りでもブログやSNSなんかで桜の写真をアップされる方が非常に多くいらっしゃいました。

桜って写真欲わきますもんね!


ただ、

ちょっと残念なのは、全体的に少し暗い写真になってしまっている人が多いですねー。もったいない!


もうね、私のレッスンは受けなくてもいいからこれだけは聞いてほしい!

「桜を画面いっぱいに撮るときは、自分で明るめに調節(プラスに露出補正)してから撮って!」

ってことです。



これはカメラの性質上の問題なのですが、

“白い”ものを撮ると、カメラ側が

「おや?なんだかやけに“明るい”な…。ご主人様のためにちょっと暗めに撮ってあげるか!」

ってな具合に考えて、少し暗めな写真を出してくるんです。

つまり、“白さ”を“明るさ”と勘違いしてしまうんですね!

これほんと。

でも、カメラを責めないでください。

あなたを想うが故の過ちです^^



ですから、

満開の桜の花なんかを画面いっぱいに撮ったりするときは、ご自身で明るめに撮れるよう補正してから、シャッターを切ることが必要になってくるんです!


あ、これはスキー場なんかでの写真撮影でも有効な技術ですので、お試しあれ↓↓

みなさんの桜、暗くなっていませんか??みなさんの桜、暗くなっていませんか??

(2012年4月17日(火) 4:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

世界各地を旅する写真作家。書籍・個展の開催など精力的に活躍中

ブログ記事 ページ先頭へ