全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室埼玉 とことん自由な写真講座 スクールブログ エンタメノンフ...

エンタメノンフは日本を救う!

こんちは、今日は2本、書きます。


 またもや、イカレたヒトに会ってきました。
 
 高野秀行さんという方です。

知ってる方はよく知っているでしょう、あの作家の高野さんです。

 高野さんは「エンターテイメント ノンフィクション」
(略してエンタメノンフ)というジャンルを提唱し、かつその旗手として活躍されている作家さんです。

 その活躍ぶりはネットでも書評でも読めるのでココには書きませんが、十分にイカレてらっしゃる方です。
 アヘンとか、ワセダの探検部とか、ムベンベとかで検索すれば一発で登場します、もうジャンルがムチャクチャですよね。

 その高野さんの新刊「未来国家ブータン」(集英社)発売トークライブが、西荻窪の、「旅の本屋 のまど」さんで開催されたので、行ってきました。
 
 アップした写真は、そのトークライブ開催前に、たまたま!、何とたまたま!、もう一回書きますが「たまたま偶然に」!、西荻の飲み屋で会えた高野さんです。

 先日の「野宿野朗」かとうちあきさんといい、今回の「エンタメノンフ旗手」高野さんといい、直接、ダイレクトに御本人にサシで会えている自分のヒキの強さに、自分で驚いています。
 何せワタシは、只の一般人、読者の一人で只のファンに過ぎません、特別にアポイントなんて取れません。

 なのに、2回連続で、御本人と話をしてしまう!
 ラッキーだなあと思います。
 
やっぱり何でも、しつこく行動すべきなんですねえ・・。

高野さんと呑みながら話した中で印象的だったことは、
1、「現場に行かないと何も真実はわからない」
2、「海外取材は自腹切って行くので、イチかバチかな取材である」
の2つでした。

 高野さんは現在、「ソマリランド」というアフリカのソマリア共和国の中に存在する、世界未承認の国家の取材に明け暮れているとのコトでした。
 世界が未承認の国家があるコト自体、驚きですが、そこがソマリアなのが更にオドロキです。
 ソマリアですよ??あの無政府状態が長く続き、何が起きるか分らない、何が起きてもおかしくない国です、その中に、「ソマリランド」という別の独立国家が存在するんです、そして、そこにダイレクトに乗り込んで、高野さんは取材しているんです。
 もう従軍記者もマッサオなキケン度です。

 でも御本人は普通です、飄々として「行かないとわからないから・・」とか言います、そりゃそうですけど・・・。

でも高野さんの著作をほぼ全部読んでいるワタシは、なんとなく納得してしまいます、「ああ、高野さんなら行くだろうな・・と」。

高野さんのデビュー作となった「幻獣ムベンベを追え」(集英社文庫)の解説に宮部みゆきさんが書いてます。
「この人たち、めちゃめちゃだ!」
「ふつう、行かないぞ、コンゴまで」
「だから皆さん、この本を買ってね、読んでね、今の世の中には、絶対にこういう本が必要なんです!」

 ワタシも、まったく同意します。

高野さんの本は、現代社会に必須です!、世の中が安全神話にいつまでもすがり、ノーテンキな都会と原発被災地が同居してしまうリアルジャパンに、高野さんの本は行動力の大切さを教えてくれます、そして、自分で動いて現状を変えていくアクション優先の生き方も!。

 政治家が口先でエラそうなコトを言い、実際は何もしない世の中で、痛快無比な高野さんの行動力と普段の普通さとのギャップは、人生を楽しむ為に必須だと思います。

 それは、最近の高野さんの人気でも証明されていると思います、アップ写真の2枚は、トークライブの最中の隠し撮りと、著作サインに並ぶトークライブの観客です。
 会場の「のまど」さんは、決して広い本屋さんではないですが、それでも店の外までファンが並ぶのは異例とのコトでした。

 「誰も行かない所へ行き、誰もやらない事をやり、それを面白おかしく書く」のが高野さんの信条だそうですが、ワタシの信条「会いたいヒトには直接会い、写真を撮らせてもらう」にちょっと自信というか、勇気をくれる一言でした、コンゴも、いや違った今後も、色々と会いに行きたいと思った次第であります。

エンタメノンフは日本を救う!エンタメノンフは日本を救う!エンタメノンフは日本を救う!

(2012年3月31日(土) 12:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

食べ物、お子さんを撮りたい方も必見!型にはまらないレクチャー

ブログ記事 ページ先頭へ