全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室埼玉 とことん自由な写真講座 スクールブログ 野宿野朗

野宿野朗

こんちは。

のっけから本題ですが、世の中にはイカレた女性が存在します。
 そのイカレた女性「かとうちあき」さんとおっしゃる方に会って来ました。

 かとうさんは「野宿野朗」というミニコミ誌を主催しています、草思社と徳間書店というメジャーな出版社から、単行本も2冊出版されています。
 かとうさんは女子高時代から野宿を繰り返し、野宿の面白さにハマり、あっちこっちで野宿をされてきたようです。
 旅がお好きなようですが、現在は旅というよりイベント野宿が多いようです。
 イベント野宿とは、誕生日野宿とか、披露宴野宿とか、
そういった野宿のコトです。

 さあて皆さん、ついてきてますか?、理解できてますか?。

 「ぜんぜんわからない」と思った方、大丈夫!アナタは正常です。
 
 普通、野宿とイベントはつながりません、フジロックフェスティバルのような何日かに渡る野外イベントだって、基本はキャンプです、つまり、テント泊です。
 彼女がやっているのは「ビバーク」です、本格登山家が、下山できない時や迷ってしまった時、緊急時の対応として行う、寝袋一丁で無理やりな宿泊です。
 それをかとうちあきさんは、所かまわずやっているのです。

 見た目も美人だし、会話も普通です、アナーキーさはゼロなヒトです。
 でも、やっているコトは明らかにおかしい!

 ワタシはそんな「何かパースのあってない」おかしなヒトが大好きなので、そんなヒトの存在を知ると、直接、会いに行き、写真を撮らしてもらっています。

 今回はそんな「おかしなヒト」の中でも、UMA(未確認生物)級です、雪男やウモッカ、ジャナワールと同じクラスです、しかしなんともその魅力が伝えづらい!

 彼女は、いずれマスメディアに頻繁に登場すると思います、大物感があります、火が点くと予言しておきます。

 ワタシはかとうさんが「野宿野朗を会社にします、出社不要! 給料なし!です」と言っていたので、その会社にカメラマンとして参加するコトにしました、写真部平社員を希望して。

 ワタシも言ってるコトがおかしくなってきたようですが、かまわず進めます。

 今回は、新宿の「模索舎」さんという、知るヒトぞ知る本屋さんの場所提供があり、「屋内野宿」という、野宿の根底を揺るがすようなスタイルのイベントでした。
 その模索舎さんのレジ前で撮った、かとうさんの写真をアップします、女性二人の写真で、左側の本を持っていないヒトが、かとうさんです。

 来月は「入社式」があるそうです、行ってきます、前日から乗り込んで、「野宿入社式」になるようなコトを言ってました。

 また、模索舎さんでは、同じようなイカレた本を出している小野さん、島田さんという男性とも出会えたので、その方々とも親交を深めてきまして、またここで書きます。
 なんせ小野さんの本のタイトルは「恋と童貞」、島田さんは「つみほろぼし」・・・。

 また楽しくなりそうな予感がしております。

 

野宿野朗野宿野朗野宿野朗

(2012年3月25日(日) 13:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

食べ物、お子さんを撮りたい方も必見!型にはまらないレクチャー

ブログ記事 ページ先頭へ