全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 デジカメ活用写真教室 スクールブログ メモリーカード...

メモリーカードについて

デジタルカメラで撮影した写真(画像データ)の保管などを受け持つのが「メモリーカード」です。

なお、専門誌などでは、「メモリカード」と記載している場合もあります。異なる表記がある事情は、改めて取り上げたいと考えています。

メモリーカードは、形や大きさに関係なく、内部には半導体が入っています。
そして、半導体は画像データを記録するほか、画像データの書き込みや読み出しをするための制御などを行っています。

■メモリーカードの規格
現在、販売店へ行くと数多くの形(規格)、容量、メーカーなどがあって、どれを選ぶべきか悩んでしまいます。

メモリーカードには数多くの規格がありますが、主要な規格のうち、基本となる規格は以下の4種類です。

1. スマートメディア
2. コンパクトフラッシュ
3. SDメモリー
4. メモリースティック

◆スマートメディア、xDピクチャーカード
スマートメディアは、比較的早い時期に登場したメモリーカードで、東芝が開発し、オリンパス、富士フイルムなどが中心になって採用しました。構造は簡単であるものの、データが消えるなどの事故が多かったということです。2005年には生産が終了し、入手が困難になりつつあります。新たに発売されるデジカメでは採用されていません。
オリンパスと富士フイルムは、スマートメディアに代わる規格としてxDピクチャーカードを開発しましたが、2009年の実績でスマートメディアとxDピクチャーカードを合わせて1%となっています。

◆コンパクトフラッシュ
コンパクトフラッシュは、当初パソコンなどを対象としたメモリーカードでしたが、のちにデジカメにも採用されました。現在入手できるメモリーカードの中では最も大型です。コンパクト型のデジタルカメラでは、すでに採用されていませんが、デジタル一眼の上位機種では、現在も使用されています。読み書きが速いほか、機械的な強度が高い(物理的に壊れにくい)という特長があります。「CFメモリーカード」や「CF」とも表記されます。

◆SDメモリー
SDメモリーは、数多くのバリエーションがあり、2009年現在でメモリーカードの87%を占めています。デジタルカメラだけでなく、携帯電話やスマートフォンでも採用されています。容量などの違いによりSD(2GB以下)、SDHC(2GB超、32GB以下)、SDXC(32GB超、2TB以下)の3種類があり、SDとSDHCは標準サイズのほか、標準サイズより小さいminiSD/miniSDHC、さらに小さいmicroSD/microSDHCがあります。また、SDXCは標準サイズのほかにmicroSDXCがあります。さらにセキュリティ性能を高めた規格などもあります。

◆メモリースティック
メモリースティックは、ソニーなどが開発した規格で、標準サイズ、標準サイズより小さなDuo、さらに小さなマイクロの3種類があります。また、より性能を高めた「メモリースティックPRO」が登場するほか、さらに性能を追求した「メモリースティックPRO HG」、メモリースティックPRO XC」、「メモリースティックPRO XC-HG」も登場しました。メモリーカードの普及率では第2位であるもの2009年の実績は7%とSDメモリーとの差は大きなものとなっています。ソニーのデジカメやゲーム機などを中心に採用されていますが、デジカメの上位機種などでは、メモリースティックとSDメモリーの両方に対応している場合もあります。

■メモリーカードの互換性
先に挙げた4種類の規格はいずれも互換性はありません。
したがって、例えば、メモリースティックに対応しているデジカメにSDメモリーを使用することはできません。
しかし、アダプターがあれば、アダプターを利用することで使用できるようになります。例えば、SDメモリーを内蔵できるコンパクトフラッシュ型のアダプターがあれば、コンパクトフラッシュ対応の機器でSDメモリーを使用できますし、標準サイズ用のアダプターに入れたminiSDメモリーを標準サイズのSDメモリーに対応している機器で使用できます。
一方、古い機種だと、新たに登場した大きな容量のメモリーカードが使用できない場合があります。
また、例えば、SDメモリーにしか対応していない古い機種では、SDHCメモリーを使用できない可能性が高いので注意が必要です。
古い機種で使用するメモリーカードを購入する場合には、特に注意が必要です。

 

(2012年3月21日(水) 16:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デジカメの説明書も手がけるライター兼カメラマン!撮り方~PCの活用法

デジカメ活用写真教室
金子浩美 (カメラ)

代々木・新宿・高田馬場・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪

ブログ記事 ページ先頭へ