サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 一歩先行く写真術 スクールブログ CP+雑感:御...

CP+雑感:御苗場編

横浜で開催されていたCP+が昨日閉幕しました。
影に隠れて(笑)参加しておりましたが、今年は昨年以上に盛り上がりました!
各社から新製品が目白押しで、いち早く見ようと来場された方、
写真作品を展示する御苗場で出展者同士、または来場者と歓談する人々、
そして撮影会のようにコンパニオンを撮影する人々(笑)
まぁいろんな人がたくさんご来場されました。
関わった人間として人が多いのは歓迎です。有難うございました。
(そして、関係者の方々、お疲れ様でした。:-)

雑感として、、、
御苗場、写真のレベルは年々上がっているのかなと思いますが、、、
観て思ったのは、せっかく写真そのものの表現は出来ていても、その展示方法が出来てない方が散見されました。コレが残念でした。

御苗場もギャラリー同様、レギュレーションがあります。
引きの取れない場所で、壁や取り付け方法に制限のある自分のスペースを使い、自らの写真表現を公開する。結構ハードル高めですが、理解して展示を工夫している方もいらっしゃいました。

場所柄なのか、フリーマーケット風の展示が多いと感じました。悪いとは申しませんが、じっくり鑑賞するという雰囲気では無いので(苦笑)その中で展示するには写真の表現とは別の「芸」が必要だと思います。

写真にあった装丁をして、その作品を表現する。
これは、作品にするためには大事な事です。

これを鍛えるには写真同様、「場数をこなす」以外ありません。
写真ギャラリーを訪ね、多くの作品を目にすることで培われます。

写真は目にする機会は格段に増えています。
でも、「作品」はどうでしょうか。私は増えていると思います。
お気に入りの作品ができた時、その装丁も考えてみましょう。
イメージが固まった時、「作品」が出来上がります。


思ってみれば、撮影とはまた違った、「芸」が必要なのは他にもあります。
例えば「タイトル」です。
コレは又、別の機会に。(笑)

CP+雑感:御苗場編

(2012年2月13日(月) 19:23)

前の記事

この記事を書いたコーチ

滅多にいない、額装のプロ!写真が「作品」になる喜び、伝えます

新着記事

横浜で開催されていたCP+が昨日閉幕しました。 影に隠れて(笑)参加しておりましたが、今年は昨年以上に盛り上がりました! 各社から新製品が目白押しで、いち早く見ようと来場された方、 写真作品を展示する御苗場で出展者同士、または来場者と歓談する人々、 そして撮影会のようにコンパニオンを撮...

先日、仕事で松山へ行きました。仕事が終わって散策を少し。松山城は思った以上にすばらしいお城でした。日本の建築美が目の保養になりました。

写真展、それも個展だと普通、半年以上は準備に時間をかけるもの。 それを3日でやっちゃいました(笑)。 テーマ決めで一日、 写真選びで一日、 作品制作で半日、 飾りはあっという間(笑)。 会場構成は横一列の額はスクエアの固定。 レギュレーションが決まっているのでやりやすかったです。...

ども、秋代淳一郎です。 今年のゴールデンウィークは写真撮られましたか? 写真は、 撮って善し 焼いて善し 飾って善し と一枚で三倍の愉しみがあるものです。(笑) ただ、その1枚を選ぶのに必要なのが、、、 「整理整頓」です。 フィルムにせよ、データにせよ、きちんと整理してい...

みなさま、こんにちは。秋代淳一郎です。 世の中はゴールデンウィークですね。 私の頭の中もヘイスティングス氏並みにバカンス中です。(笑)なにせ余暇に最適なアイテムが来ましたので。(笑) 実は新たに古いカメラを(苦笑)手に入れました。 RolleiFlex 44 というカメラです。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ