全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室千葉 きよこカメラスクール スクールブログ シャッタースピ...

シャッタースピードって・・?

こんにちは!
ごぶさたしております。

今回は、シャッタースピードについてふれたいと思います。

「写真がぶれちゃって、思うように撮れなかったわ」
「いいブレで、素敵な写真になっちゃった!」

という経験はありませんか。

これはシャッタースピードが原因なのです。

手持ちだと、だいたい1/30秒あたりから手ぶれが生じてきます。(個人差がありますし、望遠レンズになるほどぶれやすくなります。)

どうしても、ぶれたくないときは三脚や、一脚を使って撮りましょう。

その場にない!!ときや、
私は荷物になるものは持ちたくない!!という方は、

ひじを、壁に固定させたり、
しゃがんでひじを、膝に固定させたり、その場にある動かないものを、味方につけるといいですね。

ぶれを楽しむ方法は、動くものに合わせて、カメラを動かしてみてください。

動くものが、とまり、背景がぶれて、躍動感のある、写真になりますよ!(流し撮り)

この時、シャッタースピードが、要点となってきます。

子供がはしゃいでいるような場合は、1/15秒~1/60秒ぐらいに合わせてみましょう。

車が速く走っているときなどは、1/250秒、なんて時もありますね。

とても速いものを流し撮りで撮りたいとき、一脚があると、とても便利です。

でも、一発では、うまくいかないもの・・。

なんども、チャレンジしてみて、体で覚えてくださいね。









 

(2012年2月3日(金) 10:11)

前の記事

この記事を書いたコーチ

独立後、育児誌など雑誌を中心に活躍中のカメラマン。メカに弱い方もOK

ブログ記事 ページ先頭へ