全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 デジタルカメラすくーる スクールブログ ストロボを使っ...

ストロボを使ってますか?

「ストロボ」
文字にすると、たったの4文字のこの機材
最近では、カメラに内蔵されている機種も多いです。

しかしそのストロボを使いこなせている人
あまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

実はプロのカメラマンでも最近このストロボで悩んでいる人が多い様です。

プロが使うストロボは、電源を必要とする大型のストロボがあるのですが
大型というだけあって、重い!
パワーがあるのはいいのですが、最近のデジタルカメラだと
パワーがありすぎて微調整が難しい、、、
なんて悩んでいるプロも多いみたいです。

私が6月に開催された「PHOTONEXT2011」(プロ向けのカメラの展示会)で
とあるメーカーの依頼で「ストロボ機材の軽量化」をテーマにセミナー講師を
したとろ、当日会場に来られなかった全国各地の多分プロカメラマンの方々が
そのメーカーの既に終わってしまったセミナーの案内のホームページに
未だにアクセスがある!とのことで
(そんなテーマに反応する一般の方なんて多分いないのでアクセスはプロだろうと予測がつきます)
ホームページ用にその内容を只今再構成中なんです。

プロでさえ、こんな感じなのですから
一般の方でストロボを使いこなせている人、
なかなかいらっしゃらないのではないでしょうか?

で、前置きだけでかなりの文章量になってしまいました。

ストロボに関しても、到底1回で語り尽くせる内容では無いですから
不定期連載ということでブログで書いていくことにします。

とりあえず、第一回目として
「何故、みなさんがストロボを嫌うのか?」
です。
最初に使ったストロボは、たぶんコンパクトデジカメなどに内蔵されている
ストロボでしょう。
デジタル一眼レフでもやはり内蔵されているポップアップするストロボでは?

これらのストロボから発せられる光が不自然に感じるから
なんて声を多く聞きます。

普通の光は、太陽だたtり電灯だったり、その殆どが上から下への光です。
その光に慣れてしまっているので、横に飛ぶストロボの光は不自然に決まっています。
それに加えて、小さい面積から発光するのでどうしてもギラギラした写真に
仕上がってしまいます。

その答えについてはクイズとしましょう!
次に私がストロボに関するブログをアップするまでに考えておいてくださいね

 

(2011年10月12日(水) 16:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブ写真~報道系まで担当。新型ストロボの開発にも携わるスペシャリスト

デジタルカメラすくーる
吉澤士郎 (カメラ)

吉祥寺・大泉学園・広尾・白金高輪

ブログ記事 ページ先頭へ